• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 独自サービス
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
  • ・画像が見切れる場合がありますので、ブラウザ画面をなるべく最大にしてご覧ください。
  • ・マウスのスクロールでページは送られます。また、キーボードのボタンでもページは送られます。
mark 名刺入れ 01

iPhone12miniとの邂逅

iPhone12mini手帳型ケース01

Detail

挑 戦

手に収まり切らないスマートフォンが主流になる昨今、「小さく、薄く、軽い」に対して今あるコンテンツを失う事なく生み出されたと言われるiPhone12mini。その登場は日々、「スマートフォンケースに自分たちの使う革は適さない」と思っていた自らの考えを反芻するきっかけを作ってくれた。何か方法はないか、職人と何度も膝を突き合せ、挑戦を重ねた結果、満足のいく形を生み出すことができた。

選ばれた3色

ルガトショルダーという革はとにかく、その透明感のある発色が特徴。深海を覗き込んだようなネイビーは魅惑的で性別を問わず人気があり、生茂った森を想像させるグリーンは力強さを感じる色だ。レッドのグラデーションは炎のように映り、見る人の感性を刺激してくれる。

異なる表情

同じ革でも使う箇所によって表情が異なるのがこの革の特徴。ラウンド長財布に比べて小さな商品なので、その表情の違いは若干わかりにくいが、よく見るとはっきりと別物だと認識できる。そして特筆すべきはこの手帳型ケースに使用している革の全てがルガトショルダーであるということ。これほどまでに所有欲を刺激してくれるものも多くはない。唯一無二というのはまさにこういうことだ。

ギリギリの小ささ

iPhone12miniの特徴でもある「小ささ」。これを邪魔しないケースを作るには革を薄く漉く必要がある。だが、革を薄く漉くとこの革の特徴であるハリ感はなくなってしまう。手に持ってしっくりとくる、頼もしさを感じる厚みを何度も調整し、このiPhone12mini手帳型ケース01の全体の厚みを約16mmに決めた。掌に収まりやすいため、手の小さな人にもしっくりとくるホールド感は持つ時間の長いスマートフォンには最適だ。

360度

手帳型ケースに硬質なルガトショルダーを採用したのは挑戦の意味合いが強い。最も難易度が高かったのはかぶせを曲げる箇所。財布などで経験のある方もいらっしゃると思うが硬い革の場合、革の表を反らせるように曲げると表面にシワが出やすい。また、硬質な革の場合はそもそも曲げにくく、さらに内装に革を貼っている場合は、その内輪差によって内装の革は伸びてしまう。Alt81ではこの問題を表・背・裏に革を分けることで無理なく360度開閉可能な構造にすることができたが、言葉で言うほど簡単なことではなかった。それはこの構造の革の手帳型ケースを見かけることは殆どないことからも察していただけるだろうか。

背面構造

背面構造へのこだわりは背の高さや芯材の厚みによる微細な調整にも現れている。0.1mm単位で調整を行い、都度、サンプルを作ってかぶせの閉まり具合を確認。ここに多くの時間を費やしたが、その甲斐もあり、使い勝手のよい背面構造が出来上がった。この背面構造はかぶせが柔軟に動かせるため、通話の際にかぶせを後ろにグルっと回して持つことも容易。また、しっかりとした背面になっているので指のかかりも良く、ホールド感も高くなっている。マグネットやホックを使用していないため、そういったパーツによるトラブルを防ぐことができるのも利点だ。

シンプルな最適解

かぶせ裏には様々なものを挟むことができるベタマチのポケットがついている。このポケットは奥行が43mmあるため、紙幣や領収書を折って挟み込むことができるし、カードなどはグッと奥に押し込むことで落ちにくくもなる。また、実はポケットの裏にもルガトショルダーを貼り合わせているため、革が伸びにくくなり、カード番号等のエンボス加工によるあたりも出にくい。さらにiPhone12miniの液晶画面にカード段の跡が付きづらいことも付け加えておこう。

細部のこだわり

革の断面である「コバ」はコバ液による仕上げ。綺麗になるまで何度も磨き、塗りを重ねて仕上げた。また、縁とステッチの間に走るネンはのっぺりとしがちな平面に凹凸を生み、引き締めて見せる効果がある。どちらの仕上げもしているものとしていないもの、また、あるものとないものとでは大きく印象が異なる

Leather

艶麗な光沢が、
透明感と革色を惹き立てる

ルガトショルダーを一言で例えるなら、「奥行きのある革」――透明感と上品な革色を引き立てる艶やかな光沢は、色だけでなくショルダーが持つ革らしい表情をも立体的に映し出し言い知れぬ高級感を漂わせる。また、ショルダー特有のトラが魅せる荒々しいワイルドさを残しながらもパンと張った美しい銀面はビジネスシーンにマッチし、一味違ったインパクトを持たせる。光によって角度によってその表情を変えるルガトショルダーの魅力は、持ち主を飽きさせない。

Size

■ サイズ(外寸)
縦: 約138㎜
横: 約72㎜
マチ:約12㎜
■ 重量
約70g
■ スペック
対応機種:iPhone12mini
内装ポケット×1
■ 素材
革/ルガトショルダー
内装革/ルガトショルダー

※ ベースのケースの色は黒のみ、素材TPUを使用しております。
※ 仕様上、また使用上の理由で一部、ケースと革及び、革と革を糊付けをしていない箇所がございます。

「iPhone12miniとの邂逅」
iPhone12mini手帳型ケース01

挑 戦

手に収まり切らないスマートフォンが主流になる昨今、「小さく、薄く、軽い」に対して今あるコンテンツを失う事なく生み出されたと言われるiPhone12mini。その登場は日々、「スマートフォンケースに自分たちの使う革は適さない」と思っていた自らの考えを反芻するきっかけを作ってくれた。何か方法はないか、職人と何度も膝を突き合せ、挑戦を重ねた結果、満足のいく形を生み出すことができた。

選ばれた3色

ルガトショルダーという革はとにかく、その透明感のある発色が特徴。深海を覗き込んだようなネイビーは魅惑的で性別を問わず人気があり、生茂った森を想像させるグリーンは力強さを感じる色だ。レッドのグラデーションは炎のように映り、見る人の感性を刺激してくれる。

異なる表情

同じ革でも使う箇所によって表情が異なるのがこの革の特徴。ラウンド長財布に比べて小さな商品なので、その表情の違いは若干わかりにくいが、よく見るとはっきりと別物だと認識できる。そして特筆すべきはこの手帳型ケースに使用している革の全てがルガトショルダーであるということ。これほどまでに所有欲を刺激してくれるものも多くはない。唯一無二というのはまさにこういうことだ。

ギリギリの小ささ

iPhone12miniの特徴でもある「小ささ」。これを邪魔しないケースを作るには革を薄く漉く必要がある。だが、革を薄く漉くとこの革の特徴であるハリ感はなくなってしまう。手に持ってしっくりとくる、頼もしさを感じる厚みを何度も調整し、このiPhone12mini手帳型ケース01の全体の厚みを約16mmに決めた。掌に収まりやすいため、手の小さな人にもしっくりとくるホールド感は持つ時間の長いスマートフォンには最適だ。

360度

手帳型ケースに硬質なルガトショルダーを採用したのは挑戦の意味合いが強い。最も難易度が高かったのはかぶせを曲げる箇所。財布などで経験のある方もいらっしゃると思うが硬い革の場合、革の表を反らせるように曲げると表面にシワが出やすい。また、硬質な革の場合はそもそも曲げにくく、さらに内装に革を貼っている場合は、その内輪差によって内装の革は伸びてしまう。Alt81ではこの問題を表・背・裏に革を分けることで無理なく360度開閉可能な構造にすることができたが、言葉で言うほど簡単なことではなかった。それはこの構造の革の手帳型ケースを見かけることは殆どないことからも察していただけるだろうか。

背面構造

背面構造へのこだわりは背の高さや芯材の厚みによる微細な調整にも現れている。0.1mm単位で調整を行い、都度、サンプルを作ってかぶせの閉まり具合を確認。ここに多くの時間を費やしたが、その甲斐もあり、使い勝手のよい背面構造が出来上がった。この背面構造はかぶせが柔軟に動かせるため、通話の際にかぶせを後ろにグルっと回して持つことも容易。また、しっかりとした背面になっているので指のかかりも良く、ホールド感も高くなっている。マグネットやホックを使用していないため、そういったパーツによるトラブルを防ぐことができるのも利点だ。

シンプルな最適解

かぶせ裏には様々なものを挟むことができるベタマチのポケットがついている。このポケットは奥行が43mmあるため、紙幣や領収書を折って挟み込むことができるし、カードなどはグッと奥に押し込むことで落ちにくくもなる。また、実はポケットの裏にもルガトショルダーを貼り合わせているため、革が伸びにくくなり、カード番号等のエンボス加工によるあたりも出にくい。さらにiPhone12miniの液晶画面にカード段の跡が付きづらいことも付け加えておこう。

細部のこだわり

革の断面である「コバ」はコバ液による仕上げ。綺麗になるまで何度も磨き、塗りを重ねて仕上げた。また、縁とステッチの間に走るネンはのっぺりとしがちな平面に凹凸を生み、引き締めて見せる効果がある。どちらの仕上げもしているものとしていないもの、また、あるものとないものとでは大きく印象が異なる。

艶麗な光沢が、
透明感と革色を惹き立てる

ルガトショルダーを一言で例えるなら、「奥行きのある革」――透明感と上品な革色を引き立てる艶やかな光沢は、色だけでなくショルダーが持つ革らしい表情をも立体的に映し出し言い知れぬ高級感を漂わせる。また、ショルダー特有のトラが魅せる荒々しいワイルドさを残しながらもパンと張った美しい銀面はビジネスシーンにマッチし、一味違ったインパクトを持たせる。光によって角度によってその表情を変えるルガトショルダーの魅力は、持ち主を飽きさせない。
ルガトショルダー更に詳しくは

サイズ

■ サイズ(外寸)
縦: 約138㎜
横: 約72㎜
マチ:約12㎜
■ 重量
約70g
■ スペック
対応機種:iPhone12mini
内装ポケット×1
■ 素材
革/ルガトショルダー
内装革/ルガトショルダー

※ ベースのケースの色は黒のみ、素材TPUを使用しております。
※ 仕様上、また使用上の理由で一部、ケースと革及び、革と革を糊付けをしていない箇所がございます。

iPhone12mini手帳型ケース01

価格

¥ 18,000 (税込)

商品コード

108150103 〜 108150105

備考
.
数量
購入ページへ