• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 独自サービス
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
  • ・画像が見切れる場合がありますので、ブラウザ画面をなるべく最大にしてご覧ください。
  • ・マウスのスクロールでページは送られます。また、キーボードのボタンでもページは送られます。
track_二つ折り財布03

王道は少し外れた方が愉しい

track_純札入れ03

Detail

純札入れへの熱量

昨今、電子マネーの登場で財布の在り方は細分化されてきた。そんな中でも根強い人気があるのがこの純札入れという形だ。単純に言うと「小銭入れのない二つ折り財布」だが、それだけの事にどこまで熱量を持って応えられるかはブランドによっても異なる。Alt81の純札入れは、スタッフ自らがお客様に接客的に声をかけ完成させた経緯があり、その熱量は一層高い。小銭入れを排しただけではない、純札入れだからこその良さをたっぷりとご案内しよう。

小銭入れがないということ

純札入れを知らない方には小銭入れのない二つ折り財布が少し珍しく映るかもしれないが、慣れてしまうとこの形が如何に合理的かがわかる。なぜなら左右対称に作られた形にカードや紙幣を入れていくと均等に厚みが増し、歪みが生じないからだ。きわめてシンプルに使えば厚みは28mm前後になり、スーツの内ポケットにも簡単に収まり、違和感がない。電子マネーの流通で貨幣を使わなくなったと言われて久しいが、この純札入れは流行り廃りの波を意に介さない、強靭な意思を感じる。

対照的な2色

この純札入れに使用している素材はビートルと呼ばれる硬質な革。オイルがしっかりと含まれており、触るとツルッとした質感がある。色は赤味の強いダークブラウンと、Alt81のブランドカラーでもある藍鉄の2色。ダークブラウンはその色名と少し違った印象を持つかもしれないが、濃淡もあり色気が漂う。藍鉄は黒よりも青く、少し緑味のある色でシックな印象を受ける。真逆な2色に悩みは尽きない。

自由領域

純札入れを開くと、カード段の後ろが少し変わった形状になっていることが気が付くだろう。実はカード段が比翼のパーツになっていて、後ろにカードや領収書などを挟み込めるアオリ状のポケットになっている。ポイントカードや領収書を挟んでも良いし、お札を分けて収納する人もいる、まさに自由領域だ。また、この比翼パーツは大きく開きすぎないように3目程ステッチをかけ中身が落ちにくい仕掛けを施している。自由領域にグッと差し込むと普通に使っていれば、中身が落ちる心配はかなり軽減されるだろう。

カード段へのこだわり

カード段は3段あり、左右両方に配置され計6枚のカードが収納可能。このカード段の縁は「ヘリ返し」と呼ばれる手法によって革が内側に折り込まれ、さらにその上から伸びや切れを防止するためのステッチがかけられているのも実にAlt81の十八番だ。また、このカード段は横幅が少し長く感じるかもしれないが、実はこの幅にも意味がある。前述の自由領域の厚みが増した際、カードが曲がったり、衝撃で折れたりしないようにゆとりを持たせているのだ。しかも、ゆとりを持たせたからといって、革でカード段が形成されているので、緩くなることはない。極めて合理的な作りと言える。

札入れへの気遣い

ちょっとしたことなのだが、純札入れの中央、紙幣へのアクセスにストレスがかからないよう曲線を配しているのがお分かりになるだろうか。これは紙幣を出し入れしやすいよう、指をかけられるようになっている。機能的でもあるし、何より左右対称のデザインは見た目のアクセントににもなっていて、非常にAlt81らしさが出ている部分だ。

All Leather

実はtrack_純札入れ03は全て革でできている。カード段の内装や、札入れの内装、小銭入れの内装など見えにくい部分も全て革を使用しているので最初に手にしたときには革の張り感で革の良さを実感してもらえるはずだ。内装も使い続けることで艶が上がり、経年変化が進んでいく。使い続けて愉しんでいただきたい。

ネンの話

財布を閉じている時、開いている時、いずれもすっきりとシャープな印象になるのは縁に引かれたネン(縁に施されたライン)が理由だ。同じ力且つ同じスピードで引く技術が求められるのだが、革に重なりのある箇所や凹凸のある革などは至極引きにくい。また、よく見るとこの純札入れには内装のいたるところにこのネンが引かれており、非常に手間がかかっていることがわかる。そのおかげで全体がカチッとした印象で統一されていて紳士らしさを演出してくれているのだから、その意味は大きい。

糸処理のひと手間

※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。

Leather

硬質な革に宿る深みのある個性

ビートルは実にサラッとした質感の革で、張りのある革表面の感触と浸透したオイルが指先からうっすらと感じ取れる。ダークブラウンは赤味を帯びており、職人の手によってランダムに演出された濃淡が色気へと繋がる。藍鉄は一瞬、黒かと見まがう色だが少し緑味がかっており、確実にそれとは異なる不思議な色彩を眼で捉えることができる。経年変化は早いが、柔らかくなりすぎることもなく、半年もすると艶が上がり見た目の硬質感を向上させる。また、Alt81では馴染のある革の表情もしっかりと存在しており、個性を形成してくれるだろう。

ビートルの詳細について

Size

■ サイズ(外寸)
縦: 約100㎜
横: 約115㎜
マチ:約20㎜
■ 重量
約82g
■ スペック
カードポケット×6
アオリポケット×2
札入れポケット×1
■ 素材
外装・内装/ビートル

「王道は少し外れた方が愉しい」
track_純札入れ03

純札入れへの熱量

昨今、電子マネーの登場で財布の在り方は細分化されてきた。そんな中でも根強い人気があるのがこの純札入れという形だ。単純に言うと「小銭入れのない二つ折り財布」だが、それだけの事にどこまで熱量を持って応えられるかはブランドによっても異なる。Alt81の純札入れは、スタッフ自らがお客様に接客的に声をかけ完成させた経緯があり、その熱量は一層高い。小銭入れを排しただけではない、純札入れだからこその良さをたっぷりとご案内しよう。

形を崩さない

この純札入れは左右対称にできていて、小銭入れのように財布自体を膨らませる要素を持っていない。それゆえに形が崩れにくく、何より財布自体を薄く持てる。全てのカード段にカードを挿し、紙幣を10枚程入れても厚みは28mm前後にしかならず、スーツの内ポケットに入れていて違和感がない。手に持っていてもはっきりと意識できる潔いスリムな形は昔から愛好家が絶えない形であることも頷ける。

対照的な2色

この純札入れに使用している素材はビートルと呼ばれる硬質な革。オイルがしっかりと含まれており、触るとツルッとした質感がある。色は赤味の強いダークブラウンと、Alt81のブランドカラーでもある藍鉄の2色。ダークブラウンはその色名と少し違った印象を持つかもしれないが、濃淡もあり色気が漂う。藍鉄は黒よりも青く、少し緑味のある色でシックな印象を受ける。真逆な2色に悩みは尽きない。

自由領域

純札入れを開くと、カード段の後ろが少し変わった形状になっていることが気が付くだろう。実はカード段が比翼のパーツになっていて、後ろにカードや領収書などを挟み込めるアオリ状のポケットになっている。ポイントカードや領収書を挟んでも良いし、お札を分けて収納する人もいる、まさに自由領域だ。また、この比翼パーツは大きく開きすぎないように3目程ステッチをかけ中身が落ちにくい仕掛けを施している。自由領域にグッと差し込むと普通に使っていれば、中身が落ちる心配はかなり軽減されるだろう。

カード段へのこだわり

カード段は3段あり、左右両方に配置され計6枚のカードが収納可能。このカード段の縁は「ヘリ返し」と呼ばれる手法によって革が内側に折り込まれ、さらにその上から伸びや切れを防止するためのステッチがかけられているのも実にAlt81の十八番だ。また、このカード段は横幅が少し長く感じるかもしれないが、実はこの幅にも意味がある。前述の自由領域の厚みが増した際、カードが曲がったり、衝撃で折れたりしないようにゆとりを持たせているのだ。しかも、ゆとりを持たせたからといって、革でカード段が形成されているので、緩くなることはない。極めて合理的な作りと言える。

札入れへの気遣い

ちょっとしたことなのだが、純札入れの中央、紙幣へのアクセスにストレスがかからないよう曲線を配しているのがお分かりになるだろうか。これは紙幣を出し入れしやすいよう、指をかけられるようになっている。機能的でもあるし、何より左右対称のデザインは見た目のアクセントににもなっていて、非常にAlt81らしさが出ている部分だ。

All Leather

実はtrack_純札入れ03は全て革でできている。カード段の内装や、札入れの内装、小銭入れの内装など見えにくい部分も全て革を使用しているので最初に手にしたときには革の張り感で革の良さを実感してもらえるはずだ。内装も使い続けることで艶が上がり、経年変化が進んでいく。使い続けて愉しんでいただきたい。

ネンの話

財布を閉じている時、開いている時、いずれもすっきりとシャープな印象になるのは縁に引かれたネン(縁に施されたライン)が理由だ。同じ力且つ同じスピードで引く技術が求められるのだが、革に重なりのある箇所や凹凸のある革などは至極引きにくい。また、よく見るとこの純札入れには内装のいたるところにこのネンが引かれており、非常に手間がかかっていることがわかる。そのおかげで全体がカチッとした印象で統一されていて紳士らしさを演出してくれているのだから、その意味は大きい。

糸処理にもこだわりが宿る

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。


※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

硬質な革に宿る深みのある個性

ビートルは実にサラッとした質感の革で、張りのある革表面の感触と浸透したオイルが指先からうっすらと感じ取れる。ダークブラウンは赤味を帯びており、職人の手によってランダムに演出された濃淡が色気へと繋がる。藍鉄は一瞬、黒かと見まがう色だが少し緑味がかっており、確実にそれとは異なる不思議な色彩を眼で捉えることができる。経年変化は早いが、柔らかくなりすぎることもなく、半年もすると艶が上がり見た目の硬質感を向上させる。また、Alt81では馴染のある革の表情もしっかりと存在しており、個性を形成してくれるだろう。
ビートル更に詳しくは

サイズ

■ サイズ(外寸)
縦: 約100㎜
横: 約115㎜
マチ:約20㎜
■ 重量
約82g
■ スペック
カードポケット×6
アオリポケット×2
札入れポケット×1
■ 素材
外装・内装/ビートル

track_純札入れ03

価格

¥ 27,000 (税込)

商品コード

108150153 〜 108150154

備考
数量
購入ページへ