• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 独自サービス
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
  • ・画像が見切れる場合がありますので、ブラウザ画面をなるべく最大にしてご覧ください。
  • ・マウスのスクロールでページは送られます。また、キーボードのボタンでもページは送られます。
mark パスケース 02

自らを証明する道具

arrow_IDケースセット01

Detail

片時も離せない

仕事をしていてIDが必携な人にはこの商品が響く。会社から支給されるプラスチックやビニールのものとは完全に一線を画す、革のIDケースとストラップのセット。会社によっては入退室にも必要なIDは仕事をしていて、最も長く、片時も離すことなく身に着けているものだ。時に何よりも目立つIDケースとストラップは実は差別化を図れる要素でもある。

裏を愉しめ

表はIDカードが見えなければいけないので革の表情はわかりにくいが裏はたっぷりとP&Dバッファローカーフの醍醐味を味わえる。3枚のパーツで構成された裏面はその組み合わせによって印象が大きく変わる。勿論、裏側はメインではないので普段は見えないが、IDを伏せたいときには逆に裏面が見えてしまうのは使っている方であればお分かりいただけるだろう。この裏には予備のポケットが1段あるので、ここに名刺などを忍ばせておくのもいいだろう。店頭でも通販でも裏の表情を選ぶことができるので是非ご依頼いただきたい。

曲線は美しい

一般的な革のIDケースをよく見ると、意外とストレートなデザインが多い。そこにはIDが見やすいといった理由もあるが、まっすぐの方が縫製をかけやすく、作りやすいといった理由の方が大きい。そういった意味ではこのIDケースには少し変わっている。なぜなら曲線が多用されているからだ。特にホック周辺に見られる曲線の数々はIDケースには非常に珍しく、そして何より美しい。見ただけで人との違いが明確になる、これは仕事をする上では大切なことだ。

違 和 感

前述の曲線もそうだが、よく見るとIDケースとストラップの繋ぎ方が単純なものではないことがわかる。通常は幅1cmくらいの革に丸カンやDカンと呼ばれる金具を取り付けたシンプルなものが多いが、これはベロホックを採用し、本体との接合部分は3cmと安心感がある。さらにホックの頭とリングには黒ニッケルサテーを施した男らしいものを使い、メス(受け側)にはプリム社、オス(突起側)は真鍮削り出しの金具を採用。その独特な風合いと特有の高音を愉しんでいただきたい。

個性をけん引するネン引き

次にステッチと縁の間に引かれている線。これは熱を通した先の尖った金属を革に当てて引いた「ネン」と呼ばれるもので、全体をピリッと引き締める効果がある。そのネンがコバ処理と同じく、細かなところまで引かれている。それこそ、ベロホックの曲線のラインにまで、だ。これらの細かい工程はやっているものとやっていないもので、少しずつだが確かな違和感が出てくる。それが細かいパーツにも施されているのだから、もはや違和感というより、個性と呼べるだろう。

隅々にまで及ぶコバ処理

違和感はまだある。ただし、意識していないとその違和感の正体に気づきにくい。まず、コバ(革の断面)処理。革の断面は通常ボサボサとした革の繊維が見えるが、ここを綺麗に磨き、バスコと呼ばれる液体を塗布し整えている。そのコバ処理が裏側のカード段の縁までも等しく行われているところにAlt81らしさが現れている。コバ処理を経験した人であれば、この処理が多ければ多いほど、手間がかかるのがわかるはずだ。

ストラップ

セットになっているストラップは裏地にナイロンを使用し、白いシャツへの色移りを軽減。また、IDケース本体とはナスカンという金具で繋ぐ仕様になっているが、この金具にもしっかりと黒ニッケルサテー加工が施されており高級感を醸し出している。ストラップの長い革のコバ(断面)も本体同様の処理がされていて、しっかりと手間をかけているのがお分かりいただけるかと思う。最後にストラップとIDケース本体は着脱が可能なので、会社指定のものがあれば部分的に替えても構わないし、ストラップだけをカメラなどを自由に接続して使うこともできる。。

Leather

荒々しい水牛革に纏わせた光沢が、
「品のあるワイルド」を構築

P&Dバッファローカーフはシュリンクさせた水牛特有のワイルドなシボと表面を纏う上品な艶が大人の色気を醸し出す。この革が放つ個性的な雰囲気は、仕事に自分流の愉しみ方を心得ている持ち主であることをつい滲ませてしまう。毎日ガシガシ使えるタフさも魅力。独特のコシのある風合いは使うほどに馴染み、艶は一度落ち着いた後再度光沢を生む――この変化こそ持ち主の満足度を上げる。大人の上品さの中に、強靭で無骨な力強さを象徴するP&Dバッファローカーフ。ぜひ「品のあるワイルド」を体感していただきたい。

Size

■ サイズ(外寸)
【IDケース】
縦: 約77㎜(ベロホックを含むと95㎜)
横: 約101㎜
厚み:約4㎜
【ストラップ】
全長(金具部分も含む): 約450㎜
幅: 約10㎜
■ 重量
IDケース:約25g
ストラップ:約18g
■ スペック
カードポケット×2
■ 素材
革/P&Dバッファローカーフ
ストラップの裏地/ナイロン

「 自らを証明する道具 」
arrow_IDケースセット01

片時も離せない

仕事をしていてIDが必携な人にはこの商品が響く。会社から支給されるプラスチックやビニールのものとは完全に一線を画す、革のIDケースとストラップのセット。会社によっては入退室にも必要なIDは仕事をしていて、最も長く、片時も離すことなく身に着けているものだ。時に何よりも目立つIDケースとストラップは実は差別化を図れる要素でもある。

裏を愉しめ

表はIDカードが見えなければいけないので革の表情はわかりにくいが裏はたっぷりとP&Dバッファローカーフの醍醐味を味わえる。3枚のパーツで構成された裏面はその組み合わせによって印象が大きく変わる。勿論、裏側はメインではないので普段は見えないが、IDを伏せたいときには逆に裏面が見えてしまうのは使っている方であればお分かりいただけるだろう。この裏には予備のポケットが1段あるので、ここに名刺などを忍ばせておくのもいいだろう。店頭でも通販でも裏の表情を選ぶことができるので是非ご依頼いただきたい。

曲線は美しい

一般的な革のIDケースをよく見ると、意外とストレートなデザインが多い。そこにはIDが見やすいといった理由もあるが、まっすぐの方が縫製をかけやすく、作りやすいといった理由の方が大きい。そういった意味ではこのIDケースには少し変わっている。なぜなら曲線が多用されているからだ。特にホック周辺に見られる曲線の数々はIDケースには非常に珍しく、そして何より美しい。見ただけで人との違いが明確になる、これは仕事をする上では大切なことだ。

違 和 感

前述の曲線もそうだが、よく見るとIDケースとストラップの繋ぎ方が単純なものではないことがわかる。通常は幅1cmくらいの革に丸カンやDカンと呼ばれる金具を取り付けたシンプルなものが多いが、これはベロホックを採用し、本体との接合部分は3cmと安心感がある。さらにホックの頭とリングには黒ニッケルサテーを施した男らしいものを使い、メス(受け側)にはプリム社、オス(突起側)は真鍮削り出しの金具を採用。その独特な風合いと特有の高音を愉しんでいただきたい。

個性をけん引するネン引き

次にステッチと縁の間に引かれている線。これは熱を通した先の尖った金属を革に当てて引いた「ネン」と呼ばれるもので、全体をピリッと引き締める効果がある。そのネンがコバ処理と同じく、細かなところまで引かれている。それこそ、ベロホックの曲線のラインにまで、だ。これらの細かい工程はやっているものとやっていないもので、少しずつだが確かな違和感が出てくる。それが細かいパーツにも施されているのだから、もはや違和感というより、個性と呼べるだろう。

隅々にまで及ぶコバ処理

違和感はまだある。ただし、意識していないとその違和感の正体に気づきにくい。まず、コバ(革の断面)処理。革の断面は通常ボサボサとした革の繊維が見えるが、ここを綺麗に磨き、バスコと呼ばれる液体を塗布し整えている。そのコバ処理が裏側のカード段の縁までも等しく行われているところにAlt81らしさが現れている。コバ処理を経験した人であれば、この処理が多ければ多いほど、手間がかかるのがわかるはずだ。

ストラップ

セットになっているストラップは裏地にナイロンを使用し、白いシャツへの色移りを軽減。また、IDケース本体とはナスカンという金具で繋ぐ仕様になっているが、この金具にもしっかりと黒ニッケルサテー加工が施されており高級感を醸し出している。ストラップの長い革のコバ(断面)も本体同様の処理がされていて、しっかりと手間をかけているのがお分かりいただけるかと思う。最後にストラップとIDケース本体は着脱が可能なので、会社指定のものがあれば部分的に替えても構わないし、ストラップだけをカメラなどを自由に接続して使うこともできる。

荒々しい水牛革に纏わせた光沢が、
「品のあるワイルド」を構築

P&Dバッファローカーフはシュリンクさせた水牛特有のワイルドなシボと表面を纏う上品な艶が大人の色気を醸し出す。この革が放つ個性的な雰囲気は、仕事に自分流の愉しみ方を心得ている持ち主であることをつい滲ませてしまう。毎日ガシガシ使えるタフさも魅力。独特のコシのある風合いは使うほどに馴染み、艶は一度落ち着いた後再度光沢を生む――この変化こそ持ち主の満足度を上げる。大人の上品さの中に、強靭で無骨な力強さを象徴するP&Dバッファローカーフ。ぜひ「品のあるワイルド」を体感していただきたい。
P&Dバッファローカーフ更に詳しくは

サイズ

■ サイズ(外寸)
【IDケース】
縦: 約77㎜(ベロホックを含むと95㎜)
横: 約101㎜
厚み:約4㎜
【ストラップ】
全長(金具部分も含む): 約450㎜
幅: 約10㎜
■ 重量
IDケース:約25g
ストラップ:約18g
■ スペック
カードポケット×2
■ 素材
革/P&Dバッファローカーフ
ストラップの裏地/ナイロン

arrow_IDケースセット01

価格

¥ 15,000 (税込)

商品コード

108150072

備考
数量
購入ページへ