• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 独自サービス
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
  • ・画像が見切れる場合がありますので、ブラウザ画面をなるべく最大にしてご覧ください。
  • ・マウスのスクロールでページは送られます。また、キーボードのボタンでもページは送られます。
mark パスケース 02

潔く、美しく

mark パスケース 02

Detail

満を持して

カード2枚のためのパスケースを印象的な色で仕立てたい。贅沢な思想がようやく形になった。シンプルなだけに革の魅力がストレートに出るこのパスケースはmark_パスケース01と同形だが革が異なるため、ネイビーとグリーンの2色展開が可能となった。深海をのぞき込んだようなネイビーは性別を問わず選ばれてきた経緯があるが、遠くから見た深緑を想起させるグリーンはその濃淡によって商品差が激しくなるために他の商品では店舗限定色としていた、言わば禁断の色。パスケースが小さいサイズだからこそ大きな違いが出にくく、webでも販売が可能となったグリーンと人気の高い独特の濃淡を持つネイビー。この深い色に取り込まれていただきたい。

曲線美

同じ革を使用したラウンド長財布を大きな財布とすると、このパスケースは小さな財布と言えるかもしれない。電子マネーの機能を搭載したカードを片面に入れておけば小銭が必要な支払いはこのパスケースで済ますことができる。そういった使い方を考えた時、この両側の曲線が意味を成す。緩やかなカーブは人の手にフィットし、持ちやすいからだ。毎日の通勤やちょっとした支払いに、いつでも掌にこのパスケースを携えておこう。

重なり合う4枚の革、5mmの衝撃

コンパクトな形に似合わずこのパスケースはかなり厚みのあるものになっている。それもそのはず、実は同じ革を4枚も重ねて張り合わせているのだ。当然、革は漉いて使用しているがそれでも4枚も重なると5mmの厚みになる。実はこの5mmの革を美しく縫製することは骨の折れる作業。特に両面にある各2カ所のカードポケットを縫い合わせる部分は段差ができるため縫製しずらい。美しく均等なピッチを保って縫製を行うには熟練の職人の手練れが必要だ。

美しい革には美しいコバが映える

見た目にも美しい革は、そのコバ(断面)もやはり磨き過ぎと言われるほどに磨かれていた方が良い。通常、4枚もの革を貼り合わせるとこのコバ面は3段の段差が生まれてしまう。その段差をできる限りなくすために職人は何度もコバ面を磨く。勿論、ただ磨くだけではない。コバの角をしっかりと落として丸みを持たせているため、角ばった表情は皆無だ。この絶妙な丸みはより美しさを強調させる。

2枚だけ

潔く2枚だけを収納する形。窓のついた側はカードが取り出しやすいのでよく出し入れをするカードを入れておいた方がよい。背面にはあまり取り出さないカードを入れておくと使いやすい。このパスケース、実はロゴのついた背面の方が革の表情や色が見えやすい。パスケースを置く際にはこちらが表を向くことの方が多いかもしれない。

引き締めるネン

外装をグルッと囲むように熱したコテを使って引く「ネン」が縁全体に施されている。ステッチと縁の僅かな間を走るその線は丸みを帯びたパスケース全体をピリッと引き締める効果がある。

糸処理のひと手間

※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。

Leather

艶麗な光沢が、
透明感と革色を惹き立てる

ルガトショルダーを一言で例えるなら、「奥行きのある革」――透明感と上品な革色を引き立てる艶やかな光沢は、色だけでなくショルダーが持つ革らしい表情をも立体的に映し出し言い知れぬ高級感を漂わせる。また、ショルダー特有のトラが魅せる荒々しいワイルドさを残しながらもパンと張った美しい銀面はビジネスシーンにマッチし、一味違ったインパクトを持たせる。光によって角度によってその表情を変えるルガトショルダーの魅力は、持ち主を飽きさせない。

Size

■ サイズ(外寸)
縦: 約102㎜
横: 約70㎜
厚み:約5㎜
■ 重量
約25g
■ スペック
カードポケット×2
■ 素材
革/ルガトショルダー

■ 注意点
磁気の定期券(85.0mm× 57.5mm)は入りません。

「 清く、美しく 」
mark_パスケース01

満を持して

カード2枚のためのパスケースを印象的な色で仕立てたい。贅沢な思想がようやく形になった。シンプルなだけに革の魅力がストレートに出るこのパスケースはmark_パスケース01と同形だが革が異なるため、ネイビーとグリーンの2色展開が可能となった。深海をのぞき込んだようなネイビーは性別を問わず選ばれてきた経緯があるが、遠くから見た深緑を想起させるグリーンはその濃淡によって商品差が激しくなるために他の商品では店舗限定色としていた、言わば禁断の色。パスケースが小さいサイズだからこそ大きな違いが出にくく、webでも販売が可能となったグリーンと人気の高い独特の濃淡を持つネイビー。この深い色に取り込まれていただきたい。

曲 線 美

同じ革を使用したラウンド長財布を大きな財布とすると、このパスケースは小さな財布と言えるかもしれない。電子マネーの機能を搭載したカードを片面に入れておけば小銭が必要な支払いはこのパスケースで済ますことができる。そういった使い方を考えた時、この両側の曲線が意味を成す。緩やかなカーブは人の手にフィットし、持ちやすいからだ。毎日の通勤やちょっとした支払いに、いつでも掌にこのパスケースを携えておこう。

重なり合う4枚の革、5mmの衝撃

コンパクトな形に似合わずこのパスケースはかなり厚みのあるものになっている。それもそのはず、実は同じ革を4枚も重ねて張り合わせているのだ。当然、革は漉いて使用しているがそれでも4枚も重なると5mmの厚みになる。実はこの5mmの革を美しく縫製することは骨の折れる作業。特に両面にある各2カ所のカードポケットを縫い合わせる部分は段差ができるため縫製しずらい。美しく均等なピッチを保って縫製を行うには熟練の職人の手練れが必要だ。

美しい革には美しいコバが映える

見た目にも美しい革は、そのコバ(断面)もやはり磨き過ぎと言われるほどに磨かれていた方が良い。通常、4枚もの革を貼り合わせるとこのコバ面は3段の段差が生まれてしまう。その段差をできる限りなくすために職人は何度もコバ面を磨く。勿論、ただ磨くだけではない。コバの角をしっかりと落として丸みを持たせているため、角ばった表情は皆無だ。この絶妙な丸みはより美しさを強調させる。

2枚だけ

潔く2枚だけを収納する形。窓のついた側はカードが取り出しやすいのでよく出し入れをするカードを入れておいた方がよい。背面にはあまり取り出さないカードを入れておくと使いやすい。このパスケース、実はロゴのついた背面の方が革の表情や色が見えやすい。パスケースを置く際にはこちらが表を向くことの方が多いかもしれない。

EX-ICカードで実験した詳細について

引き締めるネン

外装をグルッと囲むように熱したコテを使って引く「ネン」が縁全体に施されている。ステッチと縁の僅かな間を走るその線は丸みを帯びたパスケース全体をピリッと引き締める効果がある。

糸処理にもこだわりが宿る

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。


※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

艶麗な光沢が、
透明感と革色を惹き立てる

ルガトショルダーを一言で例えるなら、「奥行きのある革」――透明感と上品な革色を引き立てる艶やかな光沢は、色だけでなくショルダーが持つ革らしい表情をも立体的に映し出し言い知れぬ高級感を漂わせる。また、ショルダー特有のトラが魅せる荒々しいワイルドさを残しながらもパンと張った美しい銀面はビジネスシーンにマッチし、一味違ったインパクトを持たせる。光によって角度によってその表情を変えるルガトショルダーの魅力は、持ち主を飽きさせない。
ルガトショルダー更に詳しくは

サイズ

■ サイズ(外寸)
縦: 約102㎜
横: 約70㎜
高さ:約5㎜
■ 重量
約25g
■ スペック
カードポケット×2
■ 素材
革/ルガトショルダー

■ 注意点 磁気の定期券(85.0mm× 57.5mm) は入りません。

mark_パスケース02

価格

¥ 9,800 (税込)

商品コード

108150057 〜 108150058

備考
※店頭用商品サンプルをご自宅にお届け!

自宅で商品を見るサービス >

数量
購入ページへ