• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 購入サポート
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
MENU
電話カート
「他にはなかなかない魅力的な革だと思いました」

Q. この長財布を使おうと思った理由は?

A. Alt81の商品は基本的にメンズ向けなので、女性の私が持つには全体的にがっちりとしているのですが、そこが格好良いなと思い、購入しました。 これは汚れが目立たず、飽きがこなさそうな点も決め手でした。

Q. 実際使ってみてどうだったか?

A. とにかくレシート、カードと持ち物が多いので、このお財布は札入れポケットが3つもあり、背面ポケットは2つもあるので色々収納できて便利ですね。あとは銀行の通帳に記帳をしたい時など、たまに持ち歩くときに背面ポケットに入れています。

Q. メンテナス方法などは使ってみてどうだったか?

A. 実は1度、失敗しています。
早く良い味わいになって欲しいという思いから、購入してすぐに2週間に1度のペースでたっぷりオイルケア(コロニル 1909シュプリームクリーム)をしていました。 すると、革の細かな毛穴に余分なオイルが白く点々と残ってしまい、布で擦ってもなかなか取れない状態になってしまいました。 原因は、水性の光沢剤が取れてない状態でオイルが浸透しづらかったのと、大量のオイルを与えすぎたからだと言われました。 それからはオイルケアを絶ち1カ月弱、こまめに布で乾拭きし、やっと最近艶が出て来ました。 この一件以降、オイルケアは少しカサつき始めてから、薄く塗ることを心がけています。(笑


まだオイルがうっすらと白く残っている箇所の革の表情


オイルが消え艶が出てきた箇所の革の表情

Q. 特に気に入ったところは?

A. 革の色と表情です。 当初はルガトショルダーの透き通るような光沢感に、ショルダー部分ならではのワイルドな「トラ」模様が、他にはなかなかない魅力的な革だと思いました。 今は革ならではの艶が徐々に出てきて、これからどう変化していくのかが楽しみです。

またルガトショルダーを使った商品が世の中になかなか出回ってない、希少性の高い点も気に入っています。


左 / 新品  右 / スタッフの財布

Q. 気に入らないところは?

A. 中の小銭入れの引き手が大きすぎて、外ファスナーを閉めるときに少々引っかかる点です。

「他にはなかなかない
魅力的な革だと思いました」

Q. この財布を使おうと思った理由は?

A. Alt81の商品は基本的にメンズ向けなので、女性の私が持つには全体的にがっちりとしているのですが、そこが格好良いなと思い、購入しました。 これは汚れが目立たず、飽きがこなさそうな点も決め手でした。

Q. 実際使ってみてどうだったか?

A. とにかくレシート、カードと持ち物が多いので、このお財布は札入れポケットが3つもあり、背面ポケットは2つもあるので色々収納できて便利ですね。 あとは銀行の通帳に記帳をしたい時など、たまに持ち歩くときに背面ポケットに入れています。

Q. メンテナンス方法などは使ってみてどうだったか?

A. 実は1度、失敗しています。
早く良い味わいになって欲しいという思いから、購入してすぐに2週間に1度のペースでたっぷりオイルケア(コロニル 1909シュプリームクリーム)をしていました。 すると、革の細かな毛穴に余分なオイルが白く点々と残ってしまい、布で擦ってもなかなか取れない状態になってしまいました。 原因は、水性の光沢剤が取れてない状態でオイルが浸透しづらかったのと、大量のオイルを与えすぎたからだと言われました。 それからはオイルケアを絶ち1カ月弱、こまめに布で乾拭きし、やっと最近艶が出て来ました。
この一件以降、オイルケアは少しカサつき始めてから、薄く塗ることを心がけています。(笑

まだオイルが白く残っている箇所の革の表情

オイルが消え艶が出てきた箇所の革の表情

Q. 特に気に入ったところは?

A. 革の色と表情です。
当初はルガトショルダーの透き通るような光沢感に、ショルダー部分ならではのワイルドな「トラ」模様が、他にはなかなかない魅力的な革だと思いました。 今は革ならではの艶が徐々に出てきて、これからどう変化していくのかが楽しみです。

またルガトショルダーを使った商品が世の中になかなか出回ってない、希少性の高い点も気に入っています。

左 / 新品  右 / スタッフの財布

Q. 気に入らないところは?

A. 中の小銭入れの引き手が大きすぎて、外ファスナーを閉めるときに少々引っかかる点です。