• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 独自サービス
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
  • ・画像が見切れる場合がありますので、ブラウザ画面をなるべく最大にしてご覧ください。
  • ・マウスのスクロールでページは送られます。また、キーボードのボタンでもページは送られます。
mark ラウンド長財布 02

誘う長財布

mark ラウンド長財布 02

Detail

ご指名を受ける

ある日、美しい革を手に入れた。お客様に楽しんでもらおうと思い、販売する予定は無いが既に商品としてあった型で見ていただくためだけのサンプルを作成。だが、この長財布を手に取ったお客様は「商品化したら連絡を」と、魅せられたお客様は「このサンプルが欲しい」と仰った。ご指名の数が商品化しないわけにはいかない状況を築き上げていったのだ。

革の宝石

硬くパンッとした張りのあるこの革は使用する面の大きな長財布でこそ、その魅力を最大に発揮する。その名も「ルガトショルダー」。表面に光沢を宿し、本来ワイルドなショルダー特有のトラ模様が美しく映える。上品さを漂わせるダークブラウンに、色気を感じさせるネイビー。光の入射角度によって色味や表情が変わるこの革は独特で奥深く、「革の宝石」と呼ぶに相応しい。

ネイビーの詳細

ダークブラウンの詳細

虜になり続ける
(mark_ラウンド長財布02_ネイビー / 5ヵ月使用)

この長財布は持ち主の使い方を鏡のように映す。例えば荒っぽく使うと傷は増し、本来の牛革の肩の部位が持つ力強さを覗かせる。逆に大人しく使っていると変化の度合いは少なく、美しさを保つ。革に乗せた水性の光沢剤は次第に落ち着き、手の油分や水分を吸収することで人によって異なる表情を醸し出す。その様子に持ち主は心を惹かれ続けるだろう。

お客さまレポートはこちら

ファスナーへのこだわり

ファスナー部分は力のかかりやすい曲線部分のカーブを緩くし、壊れにくさを追求。ファスナーテープの縫い方にも細心の注意を払い、たわみのないカーブ、歪みのないストレートラインに仕上げた。またファスナーは通常より大きいのものを使用。一般的なラウンド長財布に使用されているファスナーよりも耐久性はあるがやや滑りが硬くなるという難点を、務歯(ファスナーの噛み合わせる部分)を磨きあげた高級なエクセラファスナーにすることで解決し、滑りをよくしている。

十二分な収納力

ファスナーを開けるとその収納力に驚かされる。Alt81の中でも最多のカードポケット12カ所、札ポケットが3カ所があり、カードや紙幣、領収書にいたるまで財布にまつわるあらゆるものが収納可能。さらにカード段の後ろにはマチのないポケットが2つある。あまり使用頻度の高くないカードや取り出すことの少ない御守りなどを入れておくには最適だろう。

もたつかない小銭入れ

長財布を使用していると会計の際に小銭を取り出す動作で少しもたつく時がある。なぜならラウンド長財布についている小銭入れは薄いマチのものが多いからだ。それ故に指が入りづらく、硬貨を取り出し難い。このラウンド長財布の小銭入れはそういった問題を解決してくれる片マチ仕様。見た目は薄いが、中を一目で見渡すことが出来る。また、内装に選んだ起毛生地は使用感も抜群。ここまで使用感のために手間をかけたラウンド長財布、使ってみればその差に気が付くはずだ。

長く使い続けるために

内装の工夫はまだまだある。例えば12枚収納可能なカード段すべてにへり返し(断面を包むようにして裏側に折り返す作り)を行いその上からステッチをかけている。これは使用頻度の高いカード段の強度を上げ、革や生地のノビやキレを防止するため。また、カード段の内側にも擦れに強い起毛生地を貼り込む手間の掛けよう。内装を傷めない配慮がこんな細部にも行き届いている。

内装の使いやすさを追求

長年、ラウンド長財布を使い続けてきた方はこの内装の底を見るとその違いに気が付くかもしれない。実はこのラウンド長財布の各マチの内装底はグルッと1枚で仕立てられているのだ。こうすることで中が見やすく、収納したものが引っかかることもない。また中に埃が詰まりにくい(掃除がしやすい)ので、内装の傷みも最小限に抑えることができる。

■内装カラー

美しく丈夫な蛇腹

ファスナーを開けて蛇腹部分を見ると沢山のマチがあるのにすっきりした印象を受ける。これは複数枚の革で繋ぎ蛇腹を作るのではなく、贅沢にも一枚革で仕上げているからだ。また、蛇腹にも「へり返し」を行った上にしっかりとミシンをかけている。お札や手がよく触れる箇所だけに長く使っていくとその効果を実感できるだろう。見えにくいところにもこだわるAlt81ならではのポイントだ。

引き手に現れる差

小銭入れの引き手は少し大きめのものを採用している。実は小銭入れの引き手が小さいと外ファスナーを閉めている時に中で動いてしまう。これが外ファスナーを開ける際に変にひっかかり、破損に繋がりやすい。そのため通常よりあえて大きめに設計。閉める際に内側に仕舞うクセを付ける必要はあるが、小さな引き手と比べると使いやすさと壊れにくさは明らかに違う。また2か所の引き手は両方とも断面が美しく映えるよう丁寧なコバ処理を施している。

■小銭入れの引き手を閉める際は内側に仕舞うクセを。

気を配るネン引き

さらに全体をピリッと引き締めるネン(縁に施すライン)引きも忘れない。ステッチと縁の間にスーっと通っているネンがあるのとないのとでは印象がかなり異なる。見えにくいところにもこだわるAlt81ならではのポイントと言える。

【拡大図】オレンジ = ネン引きされたライン

糸処理のひと手間

※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。

Leather

艶麗な光沢が、
透明感と革色を惹き立てる

ルガトショルダーを一言で例えるなら、「奥行きのある革」――透明感と上品な革色を引き立てる艶やかな光沢は、色だけでなくショルダーが持つ革らしい表情をも立体的に映し出し言い知れぬ高級感を漂わせる。また、ショルダー特有のトラが魅せる荒々しいワイルドさを残しながらもパンと張った美しい銀面はビジネスシーンにマッチし、一味違ったインパクトを持たせる。光によって角度によってその表情を変えるルガトショルダーの魅力は、持ち主を飽きさせない。

二つとない魅力

mark_ラウンド長財布02に使用しているルガトショルダーの特徴である「トラ」。天然革ならではのトラは当然、商品によって模様が異なる。透明感のあるこの革には人とは違うという魅力に溢れている。

店舗限定色のご案内

こちらの商品には生産数が少ない、革の個体差が激しいといった理由で 店舗のみで販売している「ブラック」と「グリーン」の2色がございます。 お近くまでお越しの際は是非、蔵前店まで足をお運びください。

Size

■ サイズ(外寸)
縦: 約100㎜
横: 約195㎜
マチ:約25㎜
■ 重量
約200g
■ スペック
ファスナー小銭入れ×1
カードポケット×12
マチ付きポケット×3
マチなしポケット×2
■ 素材
革/ルガトショルダー
内装生地/ボンセーヌ
内装革/牛革(ヘビタンなめし)
ファスナー/エクセラ

ご指名を受ける

ある日、美しい革を手に入れた。お客様に楽しんでもらおうと思い、販売する予定は無いが既に商品としてあった型で見ていただくためだけのサンプルを作成。だが、この長財布を手に取ったお客様は「商品化したら連絡を」と、魅せられたお客様は「このサンプルが欲しい」と仰った。ご指名の数が商品化しないわけにはいかない状況を築き上げていったのだ。

革の宝石

硬くパンッとした張りのあるこの革は使用する面の大きな長財布でこそ、その魅力を最大に発揮する。その名も「ルガトショルダー」。表面に光沢を宿し、本来ワイルドなショルダー特有のトラ模様が美しく映える。上品さを漂わせるダークブラウンに、色気を感じさせるネイビー。光の入射角度によって色味や表情が変わるこの革は独特で奥深く、「革の宝石」と呼ぶに相応しい。
ネイビーの詳細 ダークブラウンの詳細

虜になり続ける

この長財布は持ち主の使い方を鏡のように映す。例えば荒っぽく使うと傷は増し、本来の牛革の肩の部位が持つ力強さを覗かせる。逆に大人しく使っていると変化の度合いは少なく、美しさを保つ。革に乗せた水性の光沢剤は次第に落ち着き、手の油分や水分を吸収することで人によって異なる表情を醸し出す。その様子に持ち主は心を惹かれ続けるだろう。
ユーザーズボイス

ファスナーへのこだわり

ファスナー部分は力のかかりやすい曲線部分のカーブを緩くし、壊れにくさを追求。ファスナーテープの縫い方にも細心の注意を払い、たわみのないカーブ、歪みのないストレートラインに仕上げた。またファスナーは通常より大きいのものを使用。一般的なラウンド長財布に使用されているファスナーよりも耐久性はあるがやや滑りが硬くなるという難点を、務歯(ファスナーの噛み合わせる部分)を磨きあげた高級なエクセラファスナーにすることで解決し、滑りをよくしている。
ファスナーへのこだわりについて更に詳しくは

十二分な収納力

ファスナーを開けるとその収納力に驚かされる。Alt81の中でも最多のカードポケット12カ所、札ポケットが3カ所があり、カードや紙幣、領収書にいたるまで財布にまつわるあらゆるものが収納可能。さらにカード段の後ろにはマチのないポケットが2つある。あまり使用頻度の高くないカードや取り出すことの少ない御守りなどを入れておくには最適だろう。

もたつかない小銭入れ

長財布を使用していると会計の際に小銭を取り出す動作で少しもたつく時がある。なぜならラウンド長財布についている小銭入れは薄いマチのものが多いからだ。それ故に指が入りづらく、硬貨を取り出し難い。このラウンド長財布の小銭入れはそういった問題を解決してくれる片マチ仕様。見た目は薄いが、中を一目で見渡すことが出来る。また、内装に選んだ起毛生地は使用感も抜群。ここまで使用感のために手間をかけたラウンド長財布、使ってみればその差に気が付くはずだ。

長く使い続けるために


内装の工夫はまだまだある。例えば12枚収納可能なカード段すべてにへり返し(断面を包むようにして裏側に折り返す作り)を行いその上からステッチをかけている。これは使用頻度の高いカード段の強度を上げ、革や生地のノビやキレを防止するため。また、カード段の内側にも擦れに強い起毛生地を貼り込む手間の掛けよう。内装を傷めない配慮がこんな細部にも行き届いている。

内装の使いやすさを追求

長年、ラウンド長財布を使い続けてきた方はこの内装の底を見るとその違いに気が付くかもしれない。実はこのラウンド長財布の各マチの内装底はグルッと1枚で仕立てられているのだ。こうすることで中が見やすく、収納したものが引っかかることもない。また中に埃が詰まりにくい(掃除がしやすい)ので、内装の傷みも最小限に抑えることができる。

美しく丈夫な蛇腹

ファスナーを開けて蛇腹部分を見ると沢山のマチがあるのにすっきりした印象を受ける。これは複数枚の革で繋ぎ蛇腹を作るのではなく、贅沢にも一枚革で仕上げているからだ。また、蛇腹にも「へり返し」を行った上にしっかりとミシンをかけている。お札や手がよく触れる箇所だけに長く使っていくとその効果を実感できるだろう。見えにくいところにもこだわるAlt81ならではのポイントだ。

引き手に現れる差

小銭入れの引き手は少し大きめのものを採用している。実は小銭入れの引き手が小さいと外ファスナーを閉めている時に中で動いてしまう。これが外ファスナーを開ける際に変にひっかかり、破損に繋がりやすい。そのため通常よりあえて大きめに設計。閉める際に内側に仕舞うクセを付ける必要はあるが、小さな引き手と比べると使いやすさと壊れにくさは明らかに違う。また2か所の引き手は両方とも断面が美しく映えるよう丁寧なコバ処理を施している。

気を配るネン引き

さらに全体をピリッと引き締めるネン(縁に施すライン)引きも忘れない。ステッチと縁の間にスーっと通っているネンがあるのとないのとでは印象がかなり異なる。見えにくいところにもこだわるAlt81ならではのポイントと言える。

【拡大図】オレンジ = ネン引きされたライン

糸処理にもこだわりが宿る

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。


※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

艶麗な光沢が、透明感と革色を惹き立てる

ルガトショルダーを一言で例えるなら、「奥行きのある革」――透明感と上品な革色を引き立てる艶やかな光沢は、色だけでなくショルダーが持つ革らしい表情をも立体的に映し出し言い知れぬ高級感を漂わせる。また、ショルダー特有のトラが魅せる荒々しいワイルドさを残しながらもパンと張った美しい銀面はビジネスシーンにマッチし、一味違ったインパクトを持たせる。光によって角度によってその表情を変えるルガトショルダーの魅力は、持ち主を飽きさせない。
ルガトショルダー更に詳しくは

二つとない魅力

mark_ラウンド長財布02に使用しているルガトショルダーの特徴である「トラ」。天然革ならではのトラは当然、商品によって模様が異なる。透明感のあるこの革には人とは違うという魅力に溢れている。
「革の表情」とは?

店舗限定色のご案内

こちらの商品には生産数が少ない、革の個体差が激しいといった理由で 店舗のみで販売している「ブラック」と「グリーン」の2色がございます。 お近くまでお越しの際は是非、蔵前店まで足をお運びください。
蔵前店の詳細はコチラ
グリーンの特集ページ

サイズ

■ サイズ(外寸)
縦: 約100㎜
横: 約195㎜
マチ:約25㎜
■ 重量
約200g
■ スペック
ファスナー小銭入れ×1
カードポケット×12
マチ付きポケット×3
マチなしポケット×2
■ 素材
革/ルガトショルダー
内装生地/ボンセーヌ
内装革/牛革(ヘビタンなめし)
ファスナー/エクセラ

mark_ラウンド長財布02

価格

¥ 28,000 (税込)

商品コード

108150020 〜 108150040

備考
※店頭用商品サンプルをご自宅にお届け!

自宅で商品を見るサービス >

数量
購入ページへ