• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 購入サポート
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
MENU
電話カート
商品のお手入れ#02

革商品のホコリ・軽い汚れを落とす方法とは?

答えは「ブラッシング」

答えは「ブラッシング」

皮革商品の表面についたホコリや軽い汚れは、ブラッシングをすることである程度落とすことが出来ます。ブラッシングはどんなお手入れをするにも最初と最後に行うケア。まさに、基本の「き」と言えます。

ブラッシングのかけ方


■ 用意するもの:馬毛ブラシ、またはきれいな布
■ タイミング :週1回ペース
■ おすすめ  :月に1回念入りブラッシング

ブラッシングのかけ方の説明

>> HOW TO?


ブラシを使って革の表面をやさしくブラッシングします。小物(※下図)も同様です。ステッチの間などはホコリが詰まりやすいので要チェック。

+α のお手入れ

①ホコリがたまりやすい箇所を知る

1) ホコリがたまりやすい箇所を知る


鞄の場合、とくにホコリがたまりやすい箇所が角部分やハンドルを倒した内側(※左図)です。細かいパーツで出来ている小物も同様ですが、こういった奥行きのある箇所は、指でブラシを固く寄せて(※下図)ブラッシングすると毛が入りやすく効果的です。

②表面だけでなく内装も

2) 外装だけでなく内装も


鞄の中も意外とゴミやホコリがたまります。表面を手入れするついでに、時々中身を全部抜いて内装もブラッシングを行いましょう。最後に鞄を逆さにしてゴミを除去すれば完了です。

ブラッシングをすることで……

使用後毎回でなくとも、日々定期的にブラッシングを行うことで革によっては銀面がなめらかになり自然な艶が生まれ、革が長持ちします。こういった日ごろのちょっとしたお手入れが一番大切です。商品を長くご愛用いただくためにも、ぜひお試しください。

商品のお手入れ #02

革商品のホコリ・軽い汚れを落とす方法とは?

答えは「ブラッシング」

答えは「ブラッシング」

皮革商品の表面についたホコリや軽い汚れは、ブラッシングをすることである程度落とすことが出来ます。ブラッシングはどんなお手入れをするにも最初と最後に行うケア。まさに、基本の「き」と言えます。

― ブラッシングのかけ方 ―

■ 用意するもの:馬毛ブラシ、またはきれいな布
■ タイミング :週1回ペース
■ おすすめ  :月に1回念入りブラッシング

>> HOW TO?

ブラッシングのかけ方の説明

ブラシを使って革の表面をやさしくブラッシングします。小物(※右図)も同様です。ステッチの間などはホコリが詰まりやすいので要チェック。

+α のお手入れ

1)ホコリがたまりやすい箇所を知る


①ホコリがたまりやすい箇所を知る

鞄の場合、とくにホコリがたまりやすい箇所が角部分やハンドルを倒した内側(※左図)です。細かいパーツで出来ている小物も同様ですが、こういった奥行きのある箇所は、指でブラシを固く寄せて(※右図)ブラッシングすると毛が入りやすく効果的です。

2)外装だけでなく内装も


②表面だけでなく内装も

鞄の中も意外とゴミやホコリがたまります。表面を手入れするついでに、時々中身を全部抜いて内装もブラッシングを行いましょう。最後に鞄を逆さにしてゴミを除去すれば完了です。

ブラッシングをすることで……

使用後毎回でなくとも、日々定期的にブラッシングを行うことで革によっては銀面がなめらかになり自然な艶が生まれ、革が長持ちします。こういった日ごろのちょっとしたお手入れが一番大切です。商品を長くご愛用いただくためにも、ぜひお試しください。