• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 購入サポート
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
MENU
電話カート
商品のお手入れ#04

革商品の防水対策とは?

答えは「防水スプレー」を使う

答えは「防水スプレー」を使う

革商品を使うにあたり、やはり気になるのは雨や汗などの水分。革鞄は事前に革専用の防水スプレーを使って、水をブロックしておきましょう。
※ 財布や小物など、鞄やポケットの中に入れてお使いいただくものの場合は、防水スプレーをかける必要はとくにありません。

何故必要?

革は水分に大変弱い素材です。水分が付着するとシミや変色、色落ちや水ぶくれの原因となってしまいます。防水スプレーをかける習慣をつけておくと雨はもちろん、汚れの付着も防ぐことが出来ます。

防水スプレーの使い方


■ 用意するもの:コロニルウォーターストップ
■ タイミング :購入後すぐ+3週に1回ペース
■ おすすめ  :梅雨時期は週に1回ペース

防水スプレーの使い方①
how to ①

  >> HOW TO?

あらかじめブラッシング、または柔らかいきれいな布で乾拭きをして、ホコリを除去します。
>>「ブラッシング」について詳しくはコチラ

防水スプレーの使い方②
how to ②

  >> HOW TO?

まず、商品に直接吹きかける前に防水スプレーが細かい霧状に噴射されるかどうかご確認ください。底部など目立ちにくい箇所でテストしておくと安心です。
※スプレーする際は必ずベランダや屋外など換気の良い場所で行ってください。

防水スプレーの使い方③
how to ③

  >> HOW TO?

その後、20㎝〜30㎝ほど離してまんべんなくスプレーします。ハンドルや底部も忘れずに行いましょう。噴霧すると表面がしっとり濡れてシミのように感じるかもしれませんが、乾くと元通りになります。

how to ④

  >> HOW TO?

通気のよい日陰に10分ほど置いて、乾かします。

防水スプレーの使い方⑤
how to ⑤

  >> HOW TO?

完全に乾いたら、稀に気温によって防水スプレーの成分に含まれるシリコンが白く固まることがあるため、仕上げにブラッシングまたは乾拭きをして終了です。

+α のお手入れ

①購入後すぐスプレーしておくのがベスト

1) 購入後、まずスプレーしておくのがベスト


新しく革鞄を購入したら、使い始める前にまず防水スプレーをかけておきましょう。水分を防ぐだけでなく汚れも付きづらくなるため、メリットが大きいです。

②できれば2回繰り返した後一晩おく

2) できれば③④を2回繰り返し、一晩おく


2回繰り返したあと、一晩おくと繊維同士が結合し、安定性が増します。「明日雨が降りそう」と感じたら前日に防水対策をしておけば安心です。

防水対策をすることで……

革の特性を知りあらかじめ水をブロックしておけば、水分が原因で引き起こす革の劣化を予防できます。梅雨時期は週1回のペースで行うなど、季節に応じた防水ケアが革の持ちに影響しますので習慣づけることをおすすめします。

商品のお手入れ #04

革商品の防水対策とは?

答えは「防水スプレー」を使う

答えは「防水スプレー」を使う

革商品を使うにあたり、やはり気になるのは雨や汗などの水分。革鞄は事前に革専用の防水スプレーを使って、水をブロックしておきましょう。

※ 財布や小物など、鞄やポケットの中に入れてお使いいただくものの場合は、防水スプレーをかける必要はとくにありません。

何故必要?

革は水分に大変弱い素材です。水分が付着するとシミや変色、色落ちや水ぶくれの原因となってしまいます。防水スプレーをかける習慣をつけておくと雨はもちろん、汚れの付着も防ぐことが出来ます。

― 防水スプレーの使い方 ―

■ 用意するもの:コロニルウォーターストップ
■ タイミング :購入後すぐ+3週に1回ペース
■ おすすめ  :梅雨時期は週に1回ペース

>> HOW TO? 【01】

防水スプレーの使い方①

あらかじめブラッシング、または柔らかいきれいな布で乾拭きをして、ホコリを除去します。
>>「ブラッシング」について詳しくはコチラ

>> HOW TO? 【02】

防水スプレーの使い方②

まず、商品に直接吹きかける前に防水スプレーが細かい霧状に噴射されるかどうかご確認ください。底部など目立ちにくい箇所でテストしておくと安心です。
※スプレーする際は必ずベランダや屋外など換気の良い場所で行ってください。

>> HOW TO? 【03】

防水スプレーの使い方③

その後、20㎝〜30㎝ほど離してまんべんなくスプレーします。ハンドルや底部も忘れずに行いましょう。噴霧すると表面がしっとり濡れてシミのように感じるかもしれませんが、乾くと元通りになります。

>> HOW TO? 【04】

通気のよい日陰に10分ほど置いて、乾かします。

>> HOW TO? 【05】

防水スプレーの使い方⑤

>完全に乾いたら、稀に気温によって防水スプレーの成分に含まれるシリコンが白く固まることがあるため、仕上げにブラッシングまたは乾拭きをして終了です。

+α のお手入れ

1) 購入後、まずスプレーしておくのがベスト

購入後、まずスプレーしておくのがベスト

新しく革鞄を購入したら、使い始める前にまず防水スプレーをかけておきましょう。水分を防ぐだけでなく汚れも付きづらくなるため、メリットが大きいです。

2) できれば【03】【04】を2回繰り返し、一晩おく

②できれば2回繰り返した後一晩おく

2回繰り返したあと、一晩おくと繊維同士が結合し、安定性が増します。「明日雨が降りそう」と感じたら前日に防水対策をしておけば安心です。

防水対策をすることで……

革の特性を知りあらかじめ水をブロックしておけば、水分が原因で引き起こす革の劣化を予防できます。梅雨時期は週1回のペースで行うなど、季節に応じた防水ケアが革の持ちに影響しますので習慣づけることをおすすめします。