• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 独自サービス
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
  • ・画像が見切れる場合がありますので、ブラウザ画面をなるべく最大にしてご覧ください。
  • ・マウスのスクロールでページは送られます。また、キーボードのボタンでもページは送られます。
page 名刺入れ 01

大人の余裕

page 名刺入れ 01

経験とはすなわち壁にぶつかってきた回数だ。ぶつかる度に余分な角は取れていき、洗練されていく。同じようにこの名刺入れからは角張った印象や硬い印象を受けない。その理由の一つは丸く縁どられた「くるみ玉」という技術。名刺入れの縁を革が囲みこむことで自然な丸みを紡ぎだしている。二つ目の理由は革の使われ方だ。まるで2枚の革で名刺を包み込むように作られている。特にメインポケットのグルッと巻き込むような作りは他にはない独特の丸みを生み出す。色々な名刺入れを経験してきた方であればこの作りの独特さ、そして名刺を圧迫することのない少しゆとりを持たせたマチ幅の作りに『大人の余裕』という表現の思惟を受け取っていただけると思う。

Detail

上質を知る人の価値

この商品に使われている「シルキーカーフ」の持つ柔らかさは、さらに印象を和らげる。この革は世界的にも稀少な最高級のフランス産カーフを原皮として作るのでキメが細かく他の革とは肌触りが全く違う。その上、革の仕上げ作業にもひと手間を加えて柔らかさを追求している。そのシルキーカーフで仕立てた名刺入れは触った時の感触の違いが何よりも突出している。持った瞬間に手に吸いつくのだ。これはオイルを含ませて得られる類の吸いつきではない。素材の持っている良さを最大限に引き出している証拠だ。この革が可能にさせる上品にふわりと浮き上がったシボや、商品の軽さにも驚かされるだろう。シルキーカーフで作られた名刺入れは「上質を知る」という言葉の意味を最も味わうことが出来る名刺入れだと言える。

日本の美「くるみ玉」

この名刺入れの最も特徴的な点は外装(表版)に施された「くるみ玉」だ。この作りは江戸時代に着物を着て持ち歩く小物によく用いられていた技法である。当時、印伝革(鹿革に漆などで絵付けを施した革)などを使用した小物は縁にある漆が引っかかってしまい着物の生地を傷めてしまうことがあった。それを防ぐために、コバ(革の断面)を丸く仕上げたのがくるみ玉の起源だと言われている。作りはまず、革を二枚重ねて上の革と下の革の縁を縫う。さらに上の革を、下の革の縁を包み込むようにして折り返した後に丸く包まれた立体部分の最も際をミシンで縫い二枚の革を縫製する。これが極めて高度な職人技術を要する。またこの作りを可能にするには使用する革が柔軟性を持った革でなければならない。なぜならしなやかに折り返して「玉」を作ることが出来ないからだ。シルキーカーフだから綺麗な丸みを出すことが出来るのだ。

整って魅せる

内装にも気を使い、縁がへり返された後の余分な革をカットする「化粧裁ち」を丁寧に施した後、革が浮いてしまうのを防ぐためにネンを引く「コロシネン」を利かせている。熱を利用してしっかりと革の縁を抑え込むため、使用を重ねるうちに起こりがちな革の剥がれを抑えることが出来るのだ。内装側に施された「化粧裁ち」と「コロシネン」のこの二つの細やかな作業が、カブセを開けた時にすっきりとシャープな直線ラインを生む。職人の技術が惜しみなく注がれたこの名刺入れを使い続けることで持ち主にさらに優雅な佇まいをプラスしてくれるはずだ。

革の特性と使用感を両立させた作り

立体的な丸みを帯びた形が印象的なメインポケットは作りにもこだわりが。まずは横からマチの下部を見ていただきたい。底を巻き込むような作りであることがお分かりいただけるだろう。使用しているシルキーカーフの柔らかい雰囲気に合わせて作り出したこの丸みはしなやかな風貌を生み出し、底の丸みがマチ幅を広くさせているため名刺の束がすとんと収納出来る作りになっている。通常の縫製ならぐるりと1回のミシン掛けで済むところだが、この作りの場合は底辺部分を縫製した後に革を折り返し、その後左右それぞれを表版とともに縫製する。つまり計3回ものミシン掛けを要する作りなのだ。この革の特徴を捉え、尚且つ快適な使用感の両立を実現したこだわりの作りをご堪能いただきたい。

ストレスを軽減させる

快適な使用感を得ていただくために内装のササマチにもこだわりがある。実は通常よりも折りが一つ多い作りになっているのだ。通常の折りはマチがV字型になり、内側に折り畳まれた部分に名刺がひっかかったり、収納する際に名刺が斜めになってしまうことがある。(※図①)折りを一つ多くすることでマチはW字型になり、これらの問題点を克服した。(※図②)製作する上で職人の作業が増えるものの、ストレスのない使用感を生むために取り入れたAlt81の工夫は使うほどに納得出来るだろう。

余裕の収納力

メインポケットには約30枚の名刺が収納可能。また、いただいた名刺を分けて収納出来るよう、カブセ裏のベタポケットとメインポケットにつく段ポケットの2カ所を装備。万が一、名刺が増えた際にも安心だ。

糸処理のひと手間

※こちらの画像は別商品の「糊止め」をしている画像です。

通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。

Leather

最高級素材を極上に仕上げた、
シルキーカーフ

シルキーカーフはまさに「選び抜かれた素材」。最高級品質であるフランス産カーフのキメの細かさが引き立つよう銀面に上品な光沢を纏わせた優雅な表情は、まさに上質感と美しさを放つ。そして触れれば一瞬で分かる、しなやかで吸いつくようになめらかな感触とふわっと肉厚で弾力ある柔らかな革質――まるで「絹」のようなシルキーカーフは革そのものの上質さだけで勝負出来る素材。使いはじめから分かる極上の手触りと、世界的に稀少な革を手にしているというこの上ない優越感を存分にご堪能いただきたい。

シボの好みを
お選びいただけます

シルキーカーフは非常に肌目が細かいため、シボの大きさで印象がぐっと変わります。左は「シボの粗いもの」で、一瞬型押しかと見間違うほど均一に整った大きめのシボが革らしい風格を香らせます。一方、右は「シボの細かいもの」で、カーフ特有のキメ細かいシボの美しさが至極優美な印象を与えます。ぜひお好みのほうをお選びください。

革の表情とは?

Size

■ サイズ(外寸)
縦: 約85㎜
横: 約120㎜
マチ:約25㎜
■ 重量
約50g
■ スペック
マチ付きポケット×1
マチなしポケット×2
名刺容量:約30枚
■ 素材
革/シルキーカーフ
内装生地/ナイロン

経験とはすなわち壁にぶつかってきた回数だ。ぶつかる度に余分な角は取れていき、洗練されていく。同じようにこの名刺入れからは角張った印象や硬い印象を受けない。その理由の一つは丸く縁どられた「くるみ玉」という技術。名刺入れの縁を革が囲みこむことで自然な丸みを紡ぎだしている。二つ目の理由は革の使われ方だ。まるで2枚の革で名刺を包み込むように作られている。特にメインポケットのグルッと巻き込むような作りは他にはない独特の丸みを生み出す。色々な名刺入れを経験してきた方であればこの作りの独特さ、そして名刺を圧迫することのない少しゆとりを持たせたマチ幅の作りに『大人の余裕』という表現の思惟を受け取っていただけると思う。

上質を知る人の価値

この商品に使われている「シルキーカーフ」の持つ柔らかさは、さらに印象を和らげる。この革は世界的にも稀少な最高級のフランス産カーフを原皮として作るのでキメが細かく他の革とは肌触りが全く違う。その上、革の仕上げ作業にもひと手間を加えて柔らかさを追求している。そのシルキーカーフで仕立てた名刺入れは触った時の感触の違いが何よりも突出している。持った瞬間に手に吸いつくのだ。これはオイルを含ませて得られる類の吸いつきではない。素材の持っている良さを最大限に引き出している証拠だ。この革が可能にさせる上品にふわりと浮き上がったシボや、商品の軽さにも驚かされるだろう。シルキーカーフで作られた名刺入れは「上質を知る」という言葉の意味を最も味わうことが出来る名刺入れだと言える。

日本の美「くるみ玉」

この名刺入れの最も特徴的な点は外装(表版)に施された「くるみ玉」だ。この作りは江戸時代に着物を着て持ち歩く小物によく用いられていた技法である。当時、印伝革(鹿革に漆などで絵付けを施した革)などを使用した小物は縁にある漆が引っかかってしまい着物の生地を傷めてしまうことがあった。それを防ぐために、コバ(革の断面)を丸く仕上げたのがくるみ玉の起源だと言われている。作りはまず、革を二枚重ねて上の革と下の革の縁を縫う。さらに上の革を、下の革の縁を包み込むようにして折り返した後に丸く包まれた立体部分の最も際をミシンで縫い二枚の革を縫製する。これが極めて高度な職人技術を要する。またこの作りを可能にするには使用する革が柔軟性を持った革でなければならない。なぜならしなやかに折り返して「玉」を作ることが出来ないからだ。シルキーカーフだから綺麗な丸みを出すことが出来るのだ。
「くるみ玉」について詳しくは

整って魅せる

内装にも気を使い、縁がへり返された後の余分な革をカットする「化粧裁ち」を丁寧に施した後、革が浮いてしまうのを防ぐためにネンを引く「コロシネン」を利かせている。熱を利用してしっかりと革の縁を抑え込むため、使用を重ねるうちに起こりがちな革の剥がれを抑えることが出来るのだ。内装側に施された「化粧裁ち」と「コロシネン」のこの二つの細やかな作業が、カブセを開けた時にすっきりとシャープな直線ラインを生む。職人の技術が惜しみなく注がれたこの名刺入れを使い続けることで持ち主にさらに優雅な佇まいをプラスしてくれるはずだ。
「化粧裁ち」と「ころしネン」更に詳しくは

革の特性と使用感を両立させた作り

立体的な丸みを帯びた形が印象的なメインポケットは作りにもこだわりが。まずは横からマチの下部を見ていただきたい。底を巻き込むような作りであることがお分かりいただけるだろう。使用しているシルキーカーフの柔らかい雰囲気に合わせて作り出したこの丸みはしなやかな風貌を生み出し、底の丸みがマチ幅を広くさせているため名刺の束がすとんと収納出来る作りになっている。通常の縫製ならぐるりと1回のミシン掛けで済むところだが、この作りの場合は底辺部分を縫製した後に革を折り返し、その後左右それぞれを表版とともに縫製する。つまり計3回ものミシン掛けを要する作りなのだ。この革の特徴を捉え、尚且つ快適な使用感の両立を実現したこだわりの作りをご堪能いただきたい。

ストレスを軽減させる

快適な使用感を得ていただくために内装のササマチにもこだわりがある。実は通常よりも折りが一つ多い作りになっているのだ。通常の折りはマチがV字型になり、内側に折り畳まれた部分に名刺がひっかかったり、収納する際に名刺が斜めになってしまうことがある。(※図①)折りを一つ多くすることでマチはW字型になり、これらの問題点を克服した。(※図②)製作する上で職人の作業が増えるものの、ストレスのない使用感を生むために取り入れたAlt81の工夫は使うほどに納得出来るだろう。

余裕の収納力と手間のかかる糸処理



メインポケットには約30枚の名刺が収納可能。また、いただいた名刺を分けて収納出来るよう、カブセ裏のベタポケットとメインポケットにつく段ポケットの2カ所を装備。万が一、名刺が増えた際にも安心だ。



通常、糸処理は縫製した後に糸を短く切り軽く熱処理をするだけの場合が多い。だがAlt81ではミシンで縫製した後、糸にわざわざ糊を付け針穴に挿し込む「糊止め」を施している。手間はかかるが見た目に美しく、長く使う中で使用中の糸ほつれが起こりにくい作りになっている。

最高級素材を極上に仕上げた、シルキーカーフ

シルキーカーフはまさに「選び抜かれた素材」。最高級品質であるフランス産カーフのキメの細かさが引き立つよう銀面に上品な光沢を纏わせた優雅な表情は、まさに上質感と美しさを放つ。そして触れれば一瞬で分かる、しなやかで吸いつくようになめらかな感触とふわっと肉厚で弾力ある柔らかな革質――まるで「絹」のようなシルキーカーフは革そのものの上質さだけで勝負出来る素材。使いはじめから分かる極上の手触りと、世界的に稀少な革を手にしているというこの上ない優越感を存分にご堪能いただきたい。
シルキーカーフ更に詳しくは

シボの好みをお選びいただけます

シルキーカーフは非常に肌目が細かいため、シボの大きさで印象がぐっと変わります。左は「シボの粗いもの」で、一瞬型押しかと見間違うほど均一に整った大きめのシボが革らしい風格を香らせます。一方、右は「シボの細かいもの」で、カーフ特有のキメ細かいシボの美しさが至極優美な印象を与えます。ぜひお好みのほうをお選びください。
「革の表情」とは?

サイズ

■ サイズ(外寸)
縦: 約85㎜
横: 約120㎜
マチ:約25㎜
■ 重量
約50g
■ スペック
マチ付きポケット×1
マチなしポケット×2
名刺容量:約30枚
■ 素材
革/シルキーカーフ
内装生地/ナイロン

page_名刺入れ01

価格

¥ 17,000 (税込)

商品コード

108150012

備考

革小物についてのQ&A >

※只今「シボ粗め」及び「シボ細かめ」が完売しております。下記「お問い合わせ」より「再販売時の連絡希望」と入力していただくと次回の販売時に優先的にご連絡をさせていただきます。
購入ページへ