• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 購入サポート
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
MENU
電話カート

至高な大人が纏う革の条件

#03 シルキーカーフ



今までにない手触りを体験する

シルキーカーフは察しの通り「絹のような革」という意味から命名されました。肌目が非常にきめ細かく、その表面(銀面)に触れた瞬間に「吸い付く」ような感覚に陥る極上の手触り感は、この革でしか味わうことはできません。その上、このシルキーカーフは非常に肉厚でふっくらとしており、弾力のあるコシを持っています。グッと革を揉むと元に戻ろうとする力がとても強く働きます。今までのカーフとは何だったのかを考えさせられるほどでしょう。この革は、触る者全てを虜にする魅力が溢れています。


   絹を超える光沢

サラッした表面なのに吸い付くような銀面をよく見ると、初めから少し光沢を帯びているように思うかもしれません。しかしシルキーカーフは使い続けることで初めとは比べものにならないほどの艶やかな光沢を放つように変化し、さらに色もグッと濃さを増していきます。使用前と使用後の革の変化はAlt81の扱う革の中でも屈指のもの。最初から銀面に見られる革のシボは使用するに伴い抑えられ、触れた時の吸い付きを増してゆきます。上品さを伴う光沢感、さらに増してゆく吸い付くような感触は他の革で味わうことができない魅力です。

この革を使った商品のレビュー一覧はこちら>


  フランス産カーフの魅惑

なぜこれほどまでに他の革と感触が異なるのか。その秘密は原皮にあります。シルキーカーフは厳選された上質なフランス産のカーフ(生後6カ月ぐらいまでの子牛の原皮)を使用しているためです。カーフは銀面の繊維密度が高く、キメが細かい上になめらかでキズも少ない、まさに牛革の中でも最高級に位置づきます。また子牛ゆえに一頭から得られる面積はとても小さいため「小判」とも呼ばれています。当然、流通量もとても少なく希少性が高く、しかもシルキーカーフほどの肉厚さを実現できる原皮は世界中を探しても見つけることができません。


  最高の素材を、極上に仕上げる

そこまでして見つけた最高の素材なのですから、その素材の持ち味を最大限に引き出さなければなりません。シルキーカーフはフランスのタンナー独自が編み出した特殊なクロムなめしを施し、カーフ本来がもつなめらかな質感ややわらかな特徴を引き立てることに成功。

さらにカーフ独特の肌目の細かい自然な表情を出すためにあえてシュリンク剤(表面の凹凸を無理やり出す薬品)を使わずに革を空のタイコに入れて回転させ、揉み解してシボを出す工程を行っています。(※右図)人工的に出されたシボとは違い、カーフが本来持つ繊細で美しい自然な肌目が銀面に現れます。

加工も顔料を使わず、染料のみで仕上げた「素上げ」の革なので、その最高の手触り感を失うことなく、使い込むことで色艶の変化を味わうことができます。革が初めての方であれば魅了され、革を熟知している方であれば驚く極上の仕上がりを実現させました。

Recommend

こちらの商品にも採用しております


page_ブリーフケース01


page_ラウンド長財布01

至高な大人が纏う革の条件

#03 シルキーカーフ


1.特徴:
今までにない手触りを体験する

シルキーカーフは察しの通り「絹のような革」という意味から命名されました。肌目が非常にきめ細かく、その表面(銀面)に触れた瞬間に「吸い付く」ような感覚に陥る極上の手触り感は、この革でしか味わうことはできません。
その上、このシルキーカーフは非常に肉厚でふっくらとしており、弾力のあるコシを持っています。グッと革を揉むと元に戻ろうとする力がとても強く働きます。今までのカーフとは何だったのかを考えさせられるほどでしょう。この革は、触る者全てを虜にする魅力が溢れています。

2.経年変化:
絹を超える光沢

page_ラウンド長財布01
【上:未使用 下:6カ月使用】

サラッした表面なのに吸い付くような銀面をよく見ると、初めから少し光沢を帯びているように思うかもしれません。しかしシルキーカーフは使い続けることで初めとは比べものにならないほどの艶やかな光沢を放つように変化し、さらに色もグッと濃さを増していきます。使用前と使用後の革の変化はAlt81の扱う革の中でも屈指のもの。最初から銀面に見られる革のシボは使用するに伴い抑えられ、触れた時の吸い付きを増してゆきます。上品さを伴う光沢感、さらに増してゆく吸い付くような感触は他の革で味わうことができない魅力です。

この革を使った商品のレビューはこちら >

3.原皮:
フランス産カーフの魅力

なぜこれほどまでに他の革と感触が異なるのか。その秘密は原皮にあります。シルキーカーフは厳選された上質なフランス産のカーフ(生後6カ月ぐらいまでの子牛の原皮)を使用しているためです。カーフは銀面の繊維密度が高く、キメが細かい上になめらかでキズも少ない、まさに牛革の中でも最高級に位置づきます。また子牛ゆえに一頭から得られる面積はとても小さいため「小判」とも呼ばれています。当然、流通量もとても少なく希少性が高く、しかもシルキーカーフほどの肉厚さを実現できる原皮は世界中を探しても見つけることができません。

4.製法:
最高の素材を、極上に仕上げる

そこまでして見つけた最高の素材なのですから、その素材の持ち味を最大限に引き出さなければなりません。シルキーカーフはフランスのタンナー独自が編み出した特殊なクロムなめしを施し、カーフ本来がもつなめらかな質感ややわらかな特徴を引き立てることに成功。

さらにカーフ独特の肌目の細かい自然な表情を出すためにあえてシュリンク剤(表面の凹凸を無理やり出す薬品)を使わずに革を空のタイコに入れて回転させ、揉み解してシボを出す工程を行っています。(※上図)人工的に出されたシボとは違い、カーフが本来持つ繊細で美しい自然な肌目が銀面に現れます。


加工も顔料を使わず、染料のみで仕上げた「素上げ」の革なので、その最高の手触り感を失うことなく、使い込むことで色艶の変化を味わうことができます。革が初めての方であれば魅了され、革を熟知している方であれば驚く極上の仕上がりを実現させました。

Recommend

こちらの商品にも採用しております

page_ブリーフケース01

page_ラウンド長財布01