• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 購入サポート
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
MENU
電話カート

ベルトについてのQ&A

ベルトについてarrowbelt01

Q. サイズの測り方を教えてください

A. Alt81のベルトは4サイズ(SS・S・M・L)をご用意しております。サイズをお選びいただく際は、実際にウエストを測るのではなく「今お使いのベルトのピン先から普段通している穴までの長さ」を測って、サイズが合うものをお選びください。

ベルトのサイズの測り方① ベルトのサイズの測り方②

Alt81のベルトサイズ展開

  • SSサイズ: ピン先から3つめの穴までの長さが810㎜(最短760㎜ 最長860㎜)
  • Sサイズ: ピン先から3つめの穴までの長さが860㎜(最短810㎜ 最長910㎜)
  • Mサイズ: ピン先から3つめの穴までの長さが910㎜(最短860㎜ 最長960㎜)
  • Lサイズ: ピン先から3つめの穴までの長さが960㎜(最短910㎜ 最長1010㎜)

Q. 使っていくとベルトの穴の位置が変わるほど革が伸びたりしますか?

A. Alt81のベルトは厚みのある革を使用しているため伸びにくいと思われがちですが、強い負荷をかけると少しずつ伸びていきます。革の伸び方はベルトの締め方や着ける頻度に大きく左右されます。きつく締めれば締めるほど、休みなく毎日着け続けるほど伸び幅は大きくなり、場合によってはベルトの穴の位置が1穴変わる方もいらっしゃいます。また、ベルトは次第に湾曲していきますが、この理由も同様のものです。

Q. ベルトを長持ちさせる方法を教えてください

使用後はなるべくフックに吊るして通気を

A. 長時間腰に巻いているベルトは、たくさんの汗を吸収します。ついつい無造作に丸めて放置しておきがちですが、なるべくご使用後は柔らかい布で乾拭きをし、フックなどに一本ずつ吊るして通気を促します。革と接触していた部分の汗や水分を乾かすことが出来、カビや雑菌の繁殖を抑えられ効果的です。また、毎日同じものを使うのではなく2〜3日置きに使用するなど、ローテーションを組んで休ませることも長持ちに繋がります。

Q. 一枚革のベルトで起こる、断面の毛羽立ちを防ぐ方法はありますか?

毛羽立ちを抑えるためにコバにもオイルを

A. Alt81のベルトの断面は染料とフノリで磨くコバ処理を施していますが、使用を重ねると生地との摩擦で徐々に毛羽立ってきます。お手入れの際、断面にもオイルを薄く塗ると毛羽立ちが抑えられ、見映えもよくなりますのでぜひお試しください。

Q. サイズが変わってしまった場合、革をカットしてもらえますか?

A. Alt81のベルトは、革をカットしてサイズを短く出来るような金具の仕様にはなっておりません。予めご了承ください。

Q. 真鍮のバックルはいずれ錆びてきますか?

A. 真鍮は銅と亜鉛の合金なので、空気中の酸素や手の汗などの成分から表面が酸化し変色する性質があります。Alt81のベルトのバックルは真鍮にメッキ加工を施しているので錆びにくくなっていますが、汗が付着したまま放置しておくと、黒ずみや緑青という青緑色の錆びが発生することがあります。なるべくご使用後は柔らかい布で汗や湿気、汚れを拭き取り、通気性の良い場所に保管することをおすすめしています。


真鍮のお手入れ方法

ベルトについてのQ&A

ベルトについてのQ&AAlt81のベルト画像

Q. サイズの測り方を教えてください

A. Alt81のベルトは4サイズ(SS・S・M・L)をご用意しております。サイズをお選びいただく際は、実際にウエストを測るのではなく「今お使いのベルトのピン先から普段通している穴までの長さ」を測って、サイズが合うものをお選びください。

ベルトのサイズの測り方① ベルトのサイズの測り方②

Alt81のベルトサイズ展開

  • SSサイズ:
    ピン先から3つめの穴までの長さが810㎜
    (最短760㎜ 最長860㎜)
  • Sサイズ:
    ピン先から3つめの穴までの長さが860㎜
    (最短810㎜ 最長910㎜)
  • Mサイズ:
    ピン先から3つめの穴までの長さが910㎜
    (最短860㎜ 最長960㎜)
  • Lサイズ:
    ピン先から3つめの穴までの長さが960㎜
    (最短910㎜ 最長1010㎜)

Q. 使っていくとベルトの穴の位置が変わるほど革が伸びたりしますか?

A. Alt81のベルトは厚みのある革を使用しているため伸びにくいと思われがちですが、強い負荷をかけると少しずつ伸びていきます。革の伸び方はベルトの締め方や着ける頻度に大きく左右されます。きつく締めれば締めるほど、休みなく毎日着け続けるほど伸び幅は大きくなり、場合によってはベルトの穴の位置が1穴変わる方もいらっしゃいます。また、ベルトは次第に湾曲していきますが、この理由も同様のものです。

Q. ベルトを長持ちさせる方法を教えてください

A. 長時間腰に巻いているベルトは、たくさんの汗を吸収します。ついつい無造作に丸めて放置しておきがちですが、なるべくご使用後は柔らかい布で乾拭きをし、フックなどに一本ずつ吊るして通気を促します。革と接触していた部分の汗や水分を乾かすことが出来、カビや雑菌の繁殖を抑えられ効果的です。また、毎日同じものを使うのではなく、ローテーションを組んで時々休ませることも長持ちに繋がります。

使用後はなるべくフックに吊るして通気を

Q. 一枚革のベルトで起こる、断面の毛羽立ちを防ぐ方法はありますか?

A. Alt81のベルトの断面は染料とフノリで磨くコバ処理を施していますが、使用を重ねると生地との摩擦で徐々に毛羽立ってきます。お手入れの際、断面にもオイルを薄く塗ると毛羽立ちが抑えられ、見映えもよくなりますのでぜひお試しください。

毛羽立ちを抑えるためにコバにもオイルを

Q. サイズが変わってしまった場合、革をカットしてもらえますか?

A. Alt81のベルトは、革をカットしてサイズを短く出来るような金具の仕様にはなっておりません。予めご了承ください。

Q. 真鍮のバックルはいずれ錆びてきますか?

A. 真鍮は銅と亜鉛の合金なので、空気中の酸素や手の汗などの成分から表面が酸化し変色する性質があります。Alt81のベルトのバックルは真鍮にメッキ加工を施しているので錆びにくくなっていますが、汗が付着したまま放置しておくと、黒ずみや緑青という青緑色の錆びが発生することがあります。なるべくご使用後は柔らかい布で汗や湿気、汚れを拭き取り、通気性の良い場所に保管することをおすすめしています。

真鍮のお手入れ方法