• 財布
  • 革小物
  • 鞄
  • ベルト
  • ケア用品
  • Alt81とは
  • 商品の特徴
  • 購入サポート
  • 商品取扱い店舗に関しまして
  • 直営店
  • 通信販売
  • web shopでの注文
  • 製品保証
  • 修理
  • 問合せ窓口
  • 商品をお使いの方へ
  • よくある質問
MENU
電話カート

vol.3 ― 部位 ―

革のパーツ「部位」はなぜ細かく分類されている?

革の原料となる「原皮」には様々な動物種が使われている中、圧倒的なシェアで使用されている動物が牛革です。革は雄雌や年齢、育った土地など様々な要素の違いでその風合いも特性も表情も異なりますが、体の部位もその一つ。人間と同じように肩や背中、腹など部位ごとに特徴が違うため、商品に使用する際も秀でた特徴を活かして用途に最適なパーツに使用されます。
そこで今回は、皮革の主軸となる牛革の「部位」についてご紹介いたします。


■「牛革」について詳しくはコチラへ >>

「皮のすべて」が「革」になるわけではない

革は、もともとは動物の皮膚から出来ています。動物から剥いだ皮を、鞄や靴などの製品へ使える状態に様々な加工を施し「革」になります。もともとの動物の皮というのは、外部からの様々な刺激や危害から身を守るために、繊維同士が絡み合い驚くほど精巧で合理的な構造をしています。しかし、皮から革が作られると言っても、皮のすべてが革として利用されているわけではないことは意外と知られていないのではないでしょうか?

皮構造を見ると分かる、革が丈夫な理由

皮構造

まず、肉眼では見えない皮膚の構造についてご説明します。動物の皮の断面は構造の違う3つの層――「表皮層」「真皮層」「皮下層」で成り立っていることが分かります。皮膚の最も外側(毛があった側)に「表皮層」があり、その下にコラーゲン繊維が複雑に絡み合った「真皮層」、さらにその下に肉と結合している「皮下層」があります。革として利用されるのは、じつは真ん中の真皮層のみ。必要のない表皮層と皮下層は、製革工程中で除去されます。また、革となる真皮層はさらに二層に分けられており、動物特有の皮膚模様が現れる「乳頭層」(毛があった側)と、繊維が網目のように皮下組織と絡み合った「網状層」(肉面側)に分かれています。一般的に、乳頭層は細い繊維が密に配置されているのに対し、網状層は太い繊維が緩やかに絡み合っています。ちなみに革の話をする際よく耳にする「銀面」「床面」という言葉ですが、「銀面」はこの乳頭層の表面を、「床面」は網状層の肉面側を指します。つまり革となる真皮層は、細かい繊維や太い繊維束が合流したり分かれたりしながら、複雑に絡み合って出来ているため丈夫なのです。

体に張り巡る繊維の流れが、部位の特性に

部位によって異なる厚さ

では次に革全体に視野を広げてみましょう。革は全体でもおおよそ定まった繊維方向があり、つまり革の伸びやすさ縮みやすさに影響します。また、お話したように皮下組織のコラーゲン繊維の密度や絡み具合が違う。これは部位によって強度や耐久性が違うことを意味し、また動物が本来持つ天然のシボ(革の表面にある立体的なシワ模様)が部位によって異なる理由でもあります。つまり、一頭の同じ牛でも部位によって秀でた特徴は異なり、繊維の密度や太さ、方向と集束、絡まり具合などによって革の強度や伸び、柔軟性や弾力性が決まるわけです。 それぞれ部位ごとに特徴が異なるため、例えば肩の部分を「ショルダー」腹の部分を「ベリー」という具合に、牛や馬など大型動物は特に部位ごとに名前をつけて区別しています。ちなみに牛の場合、皮の厚さは首部分の「ネック」が最も厚く、背中部分の「バット」にかけて薄くなり、肩部分「ショルダー」から背中部分「バット」の前部、腹部分「ベリー」が最も薄くなっています。

要となるのは、秀でた特徴を活かし製作すること

革の部位ごとの特徴を把握することは商品製作には欠かせません。伸び縮みや強度、耐久性、シボの違いなどに大きく関与する各部位の共通した特徴はもちろんのこと、一枚一枚異なる個々の革の特性をも見極める目が必要です。例えば鞄なら、重さに耐えうるパーツには丈夫さゆがみの少なさが重要であったり、持ち手など手に触れるパーツには柔らかくしなやかさを優先するなど、用途やお客様のイメージに沿った商品を作る際一枚革のどの部位を商品の最適なパーツに切り出すかが非常に要となります。もしも秀でた特徴を無視して素材に無理をさせてしまえば、その革を使用した商品は後々に支障を来してしまう。Alt81が商品を製作する時基本としている、素材に極力負荷をかけず素材そのものが持つ魅力を最大限に活かすことの意味を、お客様が商品を通して感じ取っていただけたらと考えています。部位の特徴を知っていただき、ご自身の愛用品をじっくりご覧いただくとまた違った角度から革の魅力をご堪能いただけるはずです。

一枚革でもパーツによってこんなに違う、牛原皮の各部位をご紹介

※下記項目:①=どの箇所を指すか ②=特徴

< 牛原皮の各部位 >


牛原皮の各部位紹介

  • 1.Head (ヘッド)


  • ① 頭の部分。(原料皮では首部やショルダーを含めて指すことがある)

  • ② 革の繊維密度や強度は弱く、通常はあまり製品化されていない部位。
  • 2.Neck (ネック)


  • ① 首の部分。(原料皮では頭部やショルダーを含めて指すことがある)

  • ② 皮の厚さはネック部が最も厚い。繊維束も太く枝分かれの少ない繊維同士がある間隔をもって緩やかに交絡している。


  • 3.Shoulder (ショルダー)


  • ① 肩の部分。(原料皮では頭部を含めて指すことがある。首の部分は通常含まれる)

  • ② 頻繁に動かすショルダー部は、太さの揃った繊維同士がよく交絡しその間に細かい繊維束が混じっているため密度が高く非常に丈夫。そのため、靴の中底や羽根部分、また馬具やベルトなどにも採用される。シワやトラが多いことも特徴的。

  • 4.Butt (バット)


  • ① 尻の部分。

  • ② 他の部位に比べ繊維束の密度が高く充実しており、丈夫で厚みもある。そのため、商品にもよく使われる部位。成牛皮のバット部位の厚さは約6 mm、小牛皮は約2 mm程度。
  • 5.Belly (ベリー)


  • ① 腹の部分。

  • ② 他の部位に比べ、皮の厚みが最も薄く、柔らかで伸縮性も高く伸びやすい。繊維密度が交絡も低くムラがありキメも粗いため、強度は他の部位に劣る。そのため、商品に使用する際は鞄の内張りや靴のインソールなど負荷がかからないパーツに使用される。

< その他の部位分類 >


ベンズ
  • 6.Bend. Bends (ベンズ)


  • ① 原皮から頭部を含むショルダー部とベリー部を除去した部分にフルタンでなめした革を指す。

  • ② 背中で半分に割った半裁状態のものを「シングルベンズ」、割らずに左右繋がった状態のものを「ダブルベンズ」と呼ぶ。

クロップ
  • 7.Crop (クロップ)


  • ① 原皮を半裁した後、さらにベリーを背線に平行に除去し残った部分のこと。肩部、頭部を含む。

  • ② クロップから肩部、頭部を除去するとベンズになる。

サイド
  • 8.Side (サイド)


  • ① 成牛皮のように大きな皮を背線で二枚にした皮、および革のこと。「半裁」ともいう。

  • ② 一方、子牛皮のようにサイズが小さく半裁せずに使う革を「丸革」と呼ぶ。

vol.3 ― 部位 ―

革のパーツ「部位」は
なぜ細かく分類されている?

革の原料となる「原皮」には様々な動物種が使われている中、圧倒的なシェアで使用されている動物が牛革です。革は雄雌や年齢、育った土地など様々な要素の違いでその風合いも特性も表情も異なりますが、体の部位もその一つ。人間と同じように肩や背中、腹など部位ごとに特徴が違うため、商品に使用する際も秀でた特徴を活かして用途に最適なパーツに使用されます。そこで今回は、皮革の主軸となる牛革の「部位」についてご紹介いたします。

■「牛革」について詳しくはコチラへ >>

「皮のすべて」が「革」になるわけではない

革は、もともとは動物の皮膚から出来ています。動物から剥いだ皮を、鞄や靴などの製品へ使える状態に様々な加工を施し「革」になります。もともとの動物の皮というのは、外部からの様々な刺激や危害から身を守るために、繊維同士が絡み合い驚くほど精巧で合理的な構造をしています。しかし、皮から革が作られると言っても、皮のすべてが革として利用されているわけではないことは意外と知られていないのではないでしょうか?

皮構造を見ると分かる、
革が丈夫な理由

まず、肉眼では見えない皮膚の構造についてご説明します。


皮構造

動物の皮の断面は構造の違う3つの層――「表皮層」「真皮層」「皮下層」で成り立っていることが分かります。
皮膚の最も外側(毛があった側)に「表皮層」があり、その下にコラーゲン繊維が複雑に絡み合った「真皮層」、さらにその下に肉と結合している「皮下層」があります。

革として利用されるのは、じつは真ん中の真皮層のみ。必要のない表皮層と皮下層は、製革工程中で除去されます。また、革となる真皮層はさらに二層に分けられており、動物特有の皮膚模様が現れる「乳頭層」(毛があった側)と、繊維が網目のように皮下組織と絡み合った「網状層」(肉面側)に分かれています。一般的に、乳頭層は細い繊維が密に配置されているのに対し、網状層は太い繊維が緩やかに絡み合っています。

ちなみに革の話をする際よく耳にする「銀面」「床面」という言葉ですが、「銀面」はこの乳頭層の表面を、「床面」は網状層の肉面側を指します。
つまり革となる真皮層は、細かい繊維や太い繊維束が合流したり分かれたりしながら、複雑に絡み合って出来ているため丈夫なのです。

体に張り巡る繊維の流れが、
部位の特性に

部位によって異なる厚さ

では次に革全体に視野を広げてみましょう。
革は全体でもおおよそ定まった繊維方向があり、つまり革の伸びやすさ縮みやすさに影響します。また、お話したように皮下組織のコラーゲン繊維の密度や絡み具合が違う。これは部位によって強度や耐久性が違うことを意味し、また動物が本来持つ天然のシボ(革の表面にある立体的なシワ模様)が部位によって異なる理由でもあります。

つまり、一頭の同じ牛でも部位によって秀でた特徴は異なり、繊維の密度や太さ、方向と集束、絡まり具合などによって革の強度や伸び、柔軟性や弾力性が決まるわけです。
それぞれ部位ごとに特徴が異なるため、例えば肩の部分を「ショルダー」腹の部分を「ベリー」という具合に、牛や馬など大型動物は特に部位ごとに名前をつけて区別しています。ちなみに牛の場合、皮の厚さは首部分の「ネック」が最も厚く、背中部分の「バット」にかけて薄くなり、肩部分「ショルダー」から背中部分「バット」の前部、腹部分「ベリー」が最も薄くなっています。

要となるのは、
秀でた特徴を活かし製作すること

革の部位ごとの特徴を把握することは商品製作には欠かせません。伸び縮みや強度、耐久性、シボの違いなどに大きく関与する各部位の共通した特徴はもちろんのこと、一枚一枚異なる個々の革の特性をも見極める目が必要です。

例えば鞄なら、重さに耐えうるパーツには丈夫さゆがみの少なさが重要であったり、持ち手など手に触れるパーツには柔らかくしなやかさを優先するなど、用途やお客様のイメージに沿った商品を作る際一枚革のどの部位を商品の最適なパーツに切り出すかが非常に要となります。
もしも秀でた特徴を無視して素材に無理をさせてしまえば、その革を使用した商品は後々に支障を来してしまう。Alt81が商品を製作する時基本としている、素材に極力負荷をかけず素材そのものが持つ魅力を最大限に活かすことの意味を、お客様が商品を通して感じ取っていただけたらと考えています。
部位の特徴を知っていただき、ご自身の愛用品をじっくりご覧いただくとまた違った角度から革の魅力をご堪能いただけるはずです。

パーツによってこんなに違う、
牛原皮の各部位をご紹介

< 牛原皮の各部位 >

牛原皮の各部位紹介
  • 1.Head
     (ヘッド)
  • ヘッド
  • 【箇所】
    頭の部分。(原料皮では首部やショルダーを含めて指すことがある)

  • 【特徴】
    革の繊維密度や強度は弱く、通常はあまり製品化されていない部位。
  • 2.Neck
     (ネック)
  • ネック
  • 【箇所】
    首の部分。(原料皮では頭部やショルダーを含めて指すことがある)

  • 【特徴】
    皮の厚さはネック部が最も厚い。繊維束も太く枝分かれの少ない繊維同士がある間隔をもって緩やかに交絡している。
  • 3.Shoulder
     (ショルダー)

  • ショルダー
  • 【箇所】
    肩の部分。(原料皮では頭部を含めて指すことがある。首の部分は通常含まれる)

  • 【特徴】
    頻繁に動かすショルダー部は、太さの揃った繊維同士がよく交絡しその間に細かい繊維束が混じっているため密度が高く非常に丈夫。そのため、靴の中底や羽根部分、また馬具やベルトなどにも採用される。シワやトラが多いことも特徴的。
  • 4.Butt
     (バット)

  • バット
  • 【箇所】
    尻の部分。

  • 【特徴】
    他の部位に比べ繊維束の密度が高く充実しており、丈夫で厚みもある。そのため、商品にもよく使われる部位。成牛皮のバット部位の厚さは約6 mm、小牛皮は約2 mm程度。
  • 5.Belly
     (ベリー)
  • ベリー
  • 【箇所】
    腹の部分。

  • 【特徴】
    他の部位に比べ、皮の厚みが最も薄く、柔らかで伸縮性も高く伸びやすい。繊維密度が交絡も低くムラがありキメも粗いため、強度は他の部位に劣る。そのため、商品に使用する際は鞄の内張りや靴のインソールなど負荷がかからないパーツに使用される。

< その他の部位分類 >

  • 6.Bend. Bends
     (ベンズ)
  • ベンズ
  • 【箇所】
    原皮から頭部を含むショルダー部とベリー部を除去した部分にフルタンでなめした革を指す。

  • 【特徴】
    背中で半分に割った半裁状態のものを「シングルベンズ」、割らずに左右繋がった状態のものを「ダブルベンズ」と呼ぶ。
  • 7.Crop
     (クロップ)
  • クロップ
  • 【箇所】
    原皮を半裁した後、さらにベリーを背線に平行に除去し残った部分のこと。肩部、頭部を含む。

  • 【特徴】
    クロップから肩部、頭部を除去するとベンズになる。
  • 8.Side
     (サイド)
  • サイド
  • 【箇所】
    成牛皮のように大きな皮を背線で二枚にした皮、および革のこと。「半裁」ともいう。

  • 【特徴】
    一方、子牛皮のようにサイズが小さく半裁せずに使う革を「丸革」と呼ぶ。